理由を添えるだけで要求が通りやすくなる!というのがこの理論。研究によると、コピーをとる際に3パターンの頼み方をしてその結果を調べたそうです。

  1. 「先にコピーをとらせてください」と理由もなくお願いするパターン
  2. 「急いでいるので先にコピーをとらせてください」と理由を述べてお願いするパターン
  3. 「コピーを取らなければならないので先にコピーをとらせてください」と、意味のない理由を添えてお願いするパターン

結果、最初の要求は約60%の人が応じてくれたのに対して、あとの二つは90%の人が応じてくれたとのことでした。2番のようにきちんと理由がある場合はわかります。でも、きちんとした理由がなくても、それっぽいことを言われると応じてくれやすくなるみたいなんですよね。

「~ので」というフレーズがポイントのようで、このフレーズがあると理由があるように感じるのです。何かお願いするときは理由をつけると聞き入れてもらいやすくなりますよ。

 子育てがうまくいかない。

しつけに自信がない。

話し相手がいなくて悩んでいる。

そんな方に元保育士のカウンセラーが

カウンセリングに応じます。

お気軽にお問い合わせくださいね。

image

 

女性限定 電話相談はこちら↓

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ