全ての働くみなさんにお知らせしたい心理学。

アンダーマイニング効果というものがあります。

これは内発的に動機づけられた行為に対して、

報酬を与えるなどの外発的動機づけを行うことによって

モチベーションが低下する現象のことを言います。

好きでやっていた作業に報酬を与えるとやる気がなくなってしまうんですね。

 

いや、でも今より給料上がったらやる気も上がるけどな♪

そう思う方もいらっしゃるでしょう。

私もそう思います(笑)

でもここで大事なのは「内発的動機づけ」です。

ようするに、自らやりがいを感じて行っていることなんです。

 

もしもその仕事の内容ややりがいなんて完全無視で

お給料だけが目当てだったとします。

実際お給料だけを見て仕事を決める方もいるでしょう。

そういう方にとってのモチベーションはお金のみですから

お給料が増えたらきっとやる気もアップすると思います。

 

でも、多くの方がお給料だけではなく

仕事の内容も重要だと思って選んでいると思うんです。

そして、そこにやりがいを感じている方も多いです。

その仕事が好きで、やりたくて自分で望んで行っている。

 

保育士不足が問題視されているのはみなさんご承知のとおりです。

保育士不足を解消するために

保育士の賃金の引き上げを求める声が多々あるようですが

これにはちょっと待った!なんですよね。

 

保育士のお給料が低いのは現職の先生も

そして保育士を目指す学生もみんな知っているんです。

知っていて、それでもその仕事を選んでいるんです。

それは、保育の仕事が好きだからにほかなりません。

お給料が少なくても保育士の仕事が好きだから、

子どもが好きだから続けられている。

そういう人がほとんどなんですよ。

 

そこに

「お給料を今より多く出しますから今まで以上に頑張ってください!」

と言われても、じゃあ今までの仕事なんだったんですかとなります。

 

今までだって一生懸命やってきた。

やりがいを感じて毎日楽しくやってきた仕事なのに。

つらくても子どもたちのために頑張ってきたのに。

 

少し考えてみましょう。

私は保育士6年目で退職をしましたが、

6年目でお給料は手取り11万円くらいでした。

秋田県の保育園なので、全国平均からしても少ないと思います。

それでも働いている先生はいっぱいいます。

そこに、これからは保育士も一般企業と同じだけのお給料を出しましょう!

となって、新卒も月給が20万円くらいになったとします。

 

最初はたぶんうれしいです(笑)

やっと認められた!!という思いです。

でも仕事の内容は今までと同じです。今まで通り頑張るだけです。

新卒の先生が初任給から多くのお給料をもらいます。

これ、ぶっちゃけいい気持ちはしませんよね。

私たちの今までの仕事はなんだったのよという気持ちになります。

 

もしボランティアで活動している人がいるとします。

実際私も地元のサッカーチームのボランティアスタッフをしています。

業務内容は力仕事も多いです。お金も取り扱うときがあります。

報酬が欲しい!と言う人もいます。

でも、ただサッカーが好きだったり、人生の豊かさを求めている人は

ここに報酬を出されてしまったらモチベーションが下がるんです。

報酬を出されることで責任も増えます。

ただ楽しいだけの活動ではなくなってしまいます。

私ははっきり言ってボランティアは報酬がないからこそ楽しいと思っています。

 

お金を稼ぐために働いているとは言っても

私たちのモチベーションはお金によって上がるわけじゃないんですね。

これはなかなか難しい問題。

給料が低いから働かない潜在保育士も確かにいるでしょう。

でもここからわかることって、結局頭数だけ増やしても仕方ないってこと。

やる気のある先生を増やさないと続けていけないですからね。

 

 

 

 


*【女性限定】匿名電話相談カウンセラー若狭春奈の予約ページはこちら
https://www.voicemarche.jp/advisers/785

*男性の方・Skype相談をご希望の方はこちら
http://funlife.wp.xdomain.jp/skype

========================================
ボイスマルシェ 55分で明日が変わる大人のための電話カウンセリング
公式カウンセラーとして予約受付中
https://www.voicemarche.jp/advisers/785
========================================