冬の時期になると様々な感染症が心配ですよね。

寒いので体温が下がると抵抗力も落ちて

病気にかかりやすかったり、治りにくかったりします。

 

私の友人は会社の忘年会で食べた

牡蠣に当たって胃腸炎になったことがありました。

それはそれはつらかったそうで朝から何度も嘔吐し

熱も上がって寒気がして大変だったそうです。

 

幸い私は健康なので感染性胃腸炎やインフルエンザにも

今まで一度もかかったことがありません。

ですが、大人がかかってもつらい感染症です。

子どもがかかると本当に大変!

インフルエンザは子どもであればインフルエンザ脳症という

合併症を引き起こすこともありますし

重症化しやすいのです。

脱水症状も子どもにとっては命に関わることもあります。

 

病気って言うのは治療するより予防する方がはるかに簡単です。

手洗いやうがいはもう必須です!!

習慣化するくらいやりましょう!!

 

感染症予防についてはたくさんのサイトでまとめているのを見かけます。

予防接種や、手指の消毒方法や調理方法など。

でも、気を付けていてもかかってしまうのが感染症。

そこで思ったのですが

どうして私は感染症にかかりにくいのか・・・(笑)

 

じつは私はみなさんに感染症予防についてお話しておきながら

そんなに気合いをいれて対策しているわけじゃないんですよ。

手洗いはまぁ普通にしますが、うがいはしたりしなかったりだし

消毒は手が荒れるからしません。

テーブルとか流し台は除菌スプレーしますけどね。

調理方法にも気を付けていません。

むしろ食生活に気を付けていません(笑)

栄養バランスは思いっきり偏っていると思います。

はっきり言っていつ感染症にかかってもおかしくないんじゃないかなと。

 

でもかからないのにはきっと何か理由があるんですよ!

そこでみなさんのお役に立てればと思いまして

私が日頃心がけているちょっとしたことをご紹介します。

1.潔癖症なところがある

まず、もともと潔癖なところがあるんです。

子どもの頃から外出先の公衆トイレが苦手だったり

温泉やプールにも入りません。

大人になって少し克服しましたが

気休めにいろいろ除菌します。

 

一人暮らしで自分しか使わないトイレをハイターで消毒します。

掃除はこまめにするほうですね。

アレルギー性鼻炎にもなるので、ほこりが苦手です。

 

清潔にすることを心がけているのは

感染症予防に役立っているかもしれません。

 

2.生ものが初めから苦手

食生活は本当に乱れています。

悪い大人の見本だと自分でも思いますね。

料理をあまりしないので出来合いのものやインスタントを

よく食べています。

生ものを避けているのでそれも感染症予防に

繋がっているのかも。

あまり褒められたことじゃないのでマネしないでください(笑)

 

3.のどの保護をしている

口呼吸はのどが乾燥しやすく、感染症にもかかりやすくなるので

寝るときにマスクをしています。

最近始めたことなのですが、のどの保護も重要ですね。

口呼吸が癖なので意識して気をつけています。

 

4.自信を持つ

感染症にかかるわけがない!と変な自信を持っています。

病は気からと言いますからね。

「病気するかも・・・病気したらどうしよう・・・」

と思っていると、体が弱ってきてしまいますから。

この話をすると

「そんなこと言って油断してると絶対大きい病気するよ」

と言われますが、そのときはそのときと割り切ってあまり気にしません。

 

私が気を付けていることはこれくらいなんですよね。

全然たいしたことじゃないです。

アレルギー体質で低体温なので抵抗力は低いはずなんです。

本来そんなに丈夫じゃないはずなのですが

まぁ一番はあまり気にしないことですね。

それと、大体のことは寝れば何とかなるって思うんです。

睡眠は体力を回復させるためのものですから

疲れたな、風邪ひきそうだな、ってときはまず寝てしまいましょう!

 

 

 

 

 

自信をなくしたあなたのための自信回復セッション