育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。

心が疲れてしまったとき、優しい言葉って安心するし癒されます。安心したくてカウンセリングを受けてみたというケースもあります。みんな優しくされたいって思うんですよ。

子育て中のパパやママであれば、もっと優しく子育てしたい。怒らないで子育てしたいって思う。どうしてもっと優しくできないんだろうって自分にイライラしちゃう。

優しくなりたいなら優しさに触れる

私たち大人は優しさに触れる機会が少ないのかなって思います。優しくされると、自分も優しい気持ちになる。そういう経験ありますよね。

具体的に優しさに触れるってどういうことがあるでしょう。例えば敏感肌の私でいえば、化学繊維の衣服じゃなくて肌に優しいオーガニックコットンのものを身につける。これだけでも結構優しい気持ちになります。

化粧品も高くて刺激の強いものをやめて、自然由来のものにする。食べ物を有機野菜に変える。そういう外からの刺激(ストレス)をできるだけ排除して自分に優しくするんです。

優しいもので自分の身の回りをいっぱいにしていくと自然と優しさがにじみ出るようになります。

人の優しさに勝るものはない

そして何より人の優しさに触れる。これが一番。ときに子どもの方から優しくされることがあります。落ち込んでいると「大丈夫?」って声をかけてくれたり具合が悪そうにしていると背中をさすってくれたり。

そんな子どもを見ていると「なんでこんなにいい子なのに怒っていたんだろう」って気づかされるし反省する。

自分にまわりはきつい人が多くて優しさになかなか触れる機会がない。そんなあなたはぜひカウンセリングを受けてみて欲しいです。

子どもの頃は無条件に受け止めてもらうことができたけど大人になるとなかなかそうもいきません。だからみんな優しさに触れたいんです。カウンセリングなら”自分を受け止めてもらう”という体験ができます。

カウンセリングと医療はどう違うの?

 

結局のところカウンセリングとは何なのか。悩みに効果があるのか。と、初めての人は疑問に思われます。カウンセリングは日本ではまだあまりなじみがないですからね。

お医者様の行う治療と何がどのように違うのかというと、わかりやすい違いを言えば、お医者様は処方箋を出せますがカウンセラーはそれができません。

例えば「眠れない」という悩みを抱える人に対してお医者様であれば「じゃあ眠りやすいように眠剤を出しますね」と言います。カウンセラーは心理療法を行います。何か気がかりなことがあって眠れないのであれば、その気がかりとなっていることを共感的に聞きます。そして一緒に解決していく方法を探っていくのがカウンセラーです。

精神科医でもカウンセリングをしてくれる先生もいます。なので一概には言えませんが、お医者様はその悩みに対症療法を行うと考えるとわかりやすいかと思います。

風邪の治療と一緒ですね。風邪のウイルスを直接殺すことはできません。ただ、咳が出るのであれば咳を止める薬を処方してくれます。風邪はその人の持つ自然治癒力によってウイルスを体内で死滅させるしか治る方法がありません。

でも咳が止まると、日常生活が楽になりますよね。夜もよく眠れるようになります。そうすると体力も戻ってきますから早く風邪のウイルスを退治することができます。結果的に風邪は治ります。

でも薬で治ったわけじゃありません。自分に備わっている自然治癒力で治っています。

悩みも結局のところ、自分で解決するしかないものです。でも気持ちが弱ったままでは難しいです。夜眠れないと体力も回復しませんし、自律神経も乱れます。集中力もなくなりますから良い考えが浮かびません。

そこによく眠れる薬を飲むと、気持ちや頭がすっきりしたり、今までまとまらなかった考えがうまくまとまったりします。

カウンセリングは自然治癒力を引き出す

ではカウンセリングはどうでしょう。薬は処方できません。眠れない人に眠れる薬を出すことはできません。何が気になって眠れないのか悩んでいることを聞いていきます。その人のありのままの姿を受け止めて話を聞きます。

それによって「気付き」を与えていきます。話を聞くことによって自然治癒力を引き出していくのがカウンセリングです。

薬を飲んでも、カウンセリングを受けてもやっぱり行きつく先は自分の力で解決すること。お医者様もカウンセラーもあくまでそのサポートをするのだということです。

よく「治るのか」「治すのか」という議論がされるのですが、心という目に見えないものを健康にするのは他人の力というよりは自分の力なのではないでしょうか。

カウンセリングはもっと気軽に受けられるもの

ただ、心の病気は脳の病気といえるものもあります。薬物療法がとても有効な病気もあります。逆に薬がないと・・・と依存的になってしまい、どんどん薬が増えてしまうこともあります。きちんとお医者様の言うことを守る必要がありますよ。実際はここが難しいのかもしれません。減薬がなかなかできず、病気も治らないという場合もあります。

その点カウンセリングは病気とは言えないかもしれないけど心が不調・・・というときに気軽に受けられるものじゃないかなと思います。

また、カウンセリングを受けたり、心理学について学んでみたりするのは自分の日常生活にも活かすことのできる経験になります。話の聞き方や、コミュニケーションの仕方を学ぶことができるので、人間関係にとても役に立ちます。

実際私もカウンセリングを受けたことがありますが、その経験が人とのコミュニケーションに活きてるなと思っていますよ。

少し難しい話になってしまいましたが、カウンセリングは本当に気軽に受けて大丈夫なんです。いきなり催眠術をかけて心の中を見透かすなんて言うことはしませんよ。怖いじゃないですかそんなことしたら!私だったらすぐに疑います(笑)

優しい気持ちで子育てしたいならカウンセリングで優しさに触れてみて

心の中にモヤモヤを溜めたままでは、他人に優しくすることも難しいですし、前向きな考えもできなくなり、他人を批判したり攻撃したくなってしまいます。そうなると人間関係はうまくいかなくなります。そしてまた心のモヤモヤが溜まります。負の無限ループです。

だから一度どこかでループを止めないと!カウンセリングを受けるという行動を起こすのは勇気のいることかもしれないけど、それができたらきっと自信にもつながります。だって自分の力で解決するための第一歩を踏み出したんですから!

カウンセリングを受けることでまた優しい気持ちで子どもやいろいろな人に接することができるようになればこんなに素敵なことはありません!

ぜひ気軽にカウンセリングを受けてみてくださいね。不安な方はLINEにてお問い合わせください。

 

 

 

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪