みなさん!!そもそもストレスってなんなのかご存知ですか?

改めて聞かれるとよくわからなかったりします。

なんとなく体に悪いのはわかるけど・・・

現代人はストレスが多いって聞くけど・・・

 

ストレスとは、外部から受ける刺激によっておこる反応とその刺激のことを指します。

たとえば、肌を手でパチンっと叩くと叩いた部分が赤くなります。

叩くという刺激がストレスということになりますね。

でも、しばらくすると赤みは徐々にひいていきます。

私たちは身体にストレスを受けても、自然に回復しようとする力が備わっているんです。

 

外部からの刺激という意味では様々なストレスが存在します。

家庭環境や学校・仕事上の変化。天候の変化や紫外線や風雨。

スポーツや旅行もそうです。

いいこと・悪いことによる区別ではありません。

心や体に対する負荷のことをストレスと捉えていいでしょう。

 

さて、そう考えるとストレスをすべて排除することが

私たちの生活をより良いものにするのでしょうか。

変化のない生活は穏やかなものかもしれません。

でも人は変化がなければ成長することもできません。

 

冬の寒さは私も苦手で、かなりのストレスではあります。

ですが、寒さを感じなければ私たちはどうなるでしょうか。

防寒するという意識がなくなれば命の危険もあります。

仕事の疲れはどうでしょうか。

疲れを感じなければ、どこまでも頑張り続け

知らないうちに身体を壊してしまいます。

 

ストレスを感じることで私たちは自分自身を守ることができています。

ストレスがない状態はある意味とても危ないと思うのです。

 

身体に悪いと思っていたストレスが実は身体を守っていた。

適度なストレスは私たちを丈夫に鍛えてくれます。

負荷がかからなければ強くなることもできないのです。

 

かといって、ストレスを溜め続けていたらどうなるでしょうか。

ストレスを受け止める受容体をよくコップに例えます。

コップの中に徐々にストレスという水が溜まっていき、

満タンになってもなおストレスがかかるとあふれ出してしまいます。

これが限界を超えた状態です。

この限界を超える前にコップの水を捨てないといけません。

また、このコップのサイズは人によって様々で

大きい人もいれば小さい人もいます。

小さいからダメというわけではありません。

持って生まれたコップのサイズがそれぞれあるというだけのこと。

このコップを大きくしたい。ストレスに強くなりたい。

そう思うのはわかりますが、

その前に自分のコップを満タンにしないように気をつけるのが先です。

 

満タンになる前に捨てる。

これができれば適度なストレスと上手に付き合っていくことができます。

その方法はみなさんそれぞれ違うと思いますが

①ゆっくり休むこと

②趣味を楽しむこと

③リラクゼーションを取り入れること

などが挙げられます。

 

また、ストレスを吐き出すという点ではカウンセリングは有効です。

自分一人で行うとすれば紙に書き出すこともいいですね。

特に私は日記をおススメします。

誰かに公開するものではなく、自分だけが見るものとして。

参考にしていただけたらと思います。

 

Skype・電話相談予約フォームはこちら

=========================================================
ボイスマルシェ 55分で明日が変わる大人のための電話カウンセリング
公式カウンセラーとして予約受付中
https://www.voicemarche.jp/advisers/785
=========================================================

匿名でのご相談や、お試し電話相談をご希望の方は下記ボイスマルシェよりご予約ください。
専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ