ホリエモンこと堀江貴文さんが保育士の低賃金の理由について

「誰にでもできる仕事だから」

と発言したことが、物議を醸しています。

 

元保育士の私から言わせていただくと、確かに「誰にでもできる」

という発言はいただけないなと思います。

でも、真意としては仕事の大変さうんぬんではなく

希少性のことをおっしゃっていたようです。

誰でもやろうと思えばできる大変かもしれない仕事

という意味のようです。

希少性が低くてお給料が上がらない仕組みになっている仕事

っていうかんじらしいです。

 

まぁネットはちょっとした言葉不足から誤解を生むことは多いですからね。

この「誰にでもできる仕事」発言に多くの人が反論したわけですが

そもそも仕事というのはすべてにおいて

やろうと思えば誰にでもできるんじゃないかなって思うんです。

 

以前林修先生の講演会に言ったときにお話されていたのですが、

「仕事というのはすべてマンネリで、替えのきくもの」

と考えているそうです。

どんな人気者でも必ず替えがきくんです。

芸能界は特にそれが顕著で、

不祥事で姿を消すタレントがいてもすぐに誰かが穴を埋める。

広い意味で「自分にしかできない仕事」なんて存在しないんだと。

経営者だって「新しいことやろう」ということの繰り返し、

つまりはマンネリの中で生きているとおっしゃっていました。

林先生ですら自分の替えがいくらでもいるという危機感を持っているんですから

私たち一般人の仕事なんか本当、誰にでもできてしまうんでしょうね。

 

ただ、それは簡単だからという理由ではなく、

「やる気があれば」というのが大前提だと思います。

保育士のように重労働で低賃金で、割に合わないと分かっている仕事は

まず「やろう」と思わない人が多数なんです。

 

ホリエモンはコンビニ店員のことも例に出していました。

コンビニ店員なんて本当に誰にでもできる。

けど、その仕事は多岐に渡っていて奥深い。

それでも誰にでもできるのはそういうシステムを作っているから。

初心者でもできるようにシステム化されているし、

客単価も低いから低賃金で誰にでもできるようになっています。

 

話は戻りますが、誰にでもできるからって

価値がないとか、意義がないとかそんなことはないですよ。

誰にでもできるコンビニ店員だっていないと困ります!!

24時間回さないといけないわけだし、企業の出店戦略もあるわけだし。

深夜に働ける人なんか感謝されますよ!

フリーターは神扱いです(笑)

 

自分の能力を生かせる仕事って必ずあるんです。

なんのとりえもないと思っていた人が

たまたま始めた仕事で開花することはいくらでもあり得ます。

誰にでもできると思われていた事務員の仕事ができなくてクビになっても

オーディション受けてタレントになっちゃうパターンだってあるかもしれない。

どこに可能性が転がっているかわからないから

私たちはいつも感性を研ぎ澄ませておきたいし

人の可能性を摘むことは絶対にしちゃいけない。

 

保育士の仕事はアナログで時間のロスも多くて大変ですが

ちょっとした工夫で改善できることはたくさんあるし

保育士として選んだ道を信じて進んでほしい。

と、言いながら私は別の道を進んでいますが。

お互い道は違ってもがんばっていきましょうね。

 

Skype・電話相談予約フォームはこちら

    

=========================================================
ボイスマルシェ 55分で明日が変わる大人のための電話カウンセリング
公式カウンセラーとして予約受付中
https://www.voicemarche.jp/advisers/785
=========================================================

匿名でのご相談や、お試し電話相談をご希望の方は下記ボイスマルシェよりご予約ください。
専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ