奨学金の返済に苦戦する新社会人が多いと聞きます。

という私も、短大2年間で200万円を借り、

卒業後に働いて返済をしました。

そりゃ大変でしたよ。低賃金の保育士でしたし一人暮らしだし。

でも、一度やると決めたらなんとかやり抜くタイプなので

結果的にはきちんと返しました。

 

保育士になるために借りた奨学金ですから

保育士の仕事をして返そう!

という目標を立て、6年で返済。

返済後は好きなことをやろう!!と心に決めていたので

様々な仕事を経験しています。

(詳しくはプロフィールを読んでね)

 

私は滞ることなく返済したのですが

中には途中で返済できなくなる人もいるみたいです。

奨学金の説明会でも、返済計画のことは細かくお話がありました。

新社会人になって、やっとこれからというタイミングで借金を背負う。

0からのスタートならまだしもマイナスからスタートする。

これは精神的にも負担ですよね。

 

ところで、奨学金に返済しなくてもいい種類があることをご存知ですか?

それは新聞奨学生というものです。

新聞社が行っている奨学金制度で、

学費の一部または全額を負担してくれるかわりに

新聞配達のアルバイトをしなければならないというもの。

 

学費も負担してくれ、返済しなくてもいい。

しかもバイト代ももらえる!

なんて素敵な制度でしょう!!!

 

ただ、新聞配達は朝が早い!

そして夕刊もあるから午後の授業が受けられないこともある。

体力的には相当大変のようです。

でも、逆に言えば体力に自信のある男の子や

体力をつけたい人は、ありがたい制度ではないかしら?

 

私が言いたいのはね、

お金がないことを理由に諦めてほしくないんですよ。人生を。

自分の実力が伴わなかったのならまだ諦めがつく。

お金が理由だと一生後悔することになります。

環境や自分以外の他者のせいにし始める。

これ、めっちゃかっこ悪いです!!

嫌なんです。私はかっこ悪い生き方をするのは。

かっこよく生きたい!!!

 

奨学金だってちゃんと返したらかっこいいと思う。

でも、返済が負担ならこういう制度もありますよ。

諦める前にいろいろ調べてみましょう!!!

 

 Skype・電話相談予約フォームはこちら

 

    

 

匿名でのご相談や、お試し電話相談をご希望の方は下記ボイスマルシェよりご予約ください。


専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ