なりたい自分を演じるパーソナルプロデュースで役作りをサポートしてもらいながら自己実現しよう!!

パーソナルプロデュースといえば

パーソナルプロデュースというと、カラー診断とか骨格診断とかが一般的ですよね。自分に何が似合うのか。垢ぬけるのか。どうしたら自分をもっと魅力的に見せることができるのかが大事になります。

私がやってるパーソナルプロデュースはそれとはテイストが違うんですよね。たどり着くところは魅力的な自分を見せることに変わりはないんですが、内面というか、メンタリティの部分を重視しています。

と言っても、自分に似合うカラーを知って服装やメイクを変えて見た目に変化が起きることによって、気持ちに変化が生じることはめちゃくちゃあります!

私は演劇をやっていましたから、見た目の変化ってすごく入りやすいんですよ。ようするに衣裳です。衣裳を身につけると役に入りやすくなるんです。

メイクもそう。かわいらしい役なら黒目が強調されるようにメイクするし、バッシバシのまつげ付けるし、悪役なら暗めの悪そう~なメイクするし。そうすると入るのよね。

だから見た目を変化させるのも大事です。効果的です。

やっぱり内面の変化を大事にしたい

なのになぜ内面からの変化を重視するのかっていうと、やっぱりそっちが大事だからです。そのままですけど。

どんなにメイクして衣裳着ても、心からその役になれていないと演じることができないですよ。私たちは人形じゃなくて生身の人間なんですから。

なりたい自分になる、自己実現を目指すなら、自己実現を果たした自分を演じてみることです。演じ続けているうちにそれが本当の自分になっていきます。

「板につく」の意味

「板につく」という言葉があります。その人の態度がしっくりくる、なじんでいる、よく似合うという意味で使われます。

この言葉の語源、舞台からきているんです。板というのは舞台のこと。芸を積んで舞台にしっくりなじんでいる様子を表す言葉なんですって。

人生は舞台とはよく言ったものですよね。

なりたい自分になるためには、なりたい自分が板につくようにするためには、たくさん演じて、演じ続けることです。

なりたい自分の役作りをする

例えば、個人で年収1000万円稼ぐ人になりたい!と思ったら、すでに1000万円稼いだ人を演じます。

でも嘘はいけませんよ。稼いでないのに「1000万円稼ぎました!」なんて言いふらしてはいけません。それ、普通に信頼を失います。

1000万円稼いでいる人がどのような行動をとるのかを想像して演じます。

例えば・・・単価はいくらくらいに設定しているだろうか?一日の仕事量はどのくらいだろうか?こういうのは個人で仕事をするなら目標として設定しますよね。

理想と現実は違うし、計画通りにいかないことももちろんあります。でも、演じるとなったらまずはやってみましょう。

ビジネス以外の行動はどうでしょうか?1000万円稼いでいるなら、値札を見ないでお気に入りのお店でお買い物しているかもしれません。

コンビニコーヒーじゃなくて、ホテルのラウンジでコーヒータイムするかもしれません。(でもコンビニコーヒーも美味しいですよね!)

経済新聞を毎日読むのかなぁ。株価のチェックをしたりするのかなぁ。ワーケーションするのかなぁ。

1000万円稼いでいる人に実際に聞いてみるのもいいですし、SNSでどんな行動しているか研究してみる方法もありますね。

仕事の仕方、プライベートの過ごし方、いろいろな面から役作りして自分も1000万円稼いでいる人を演じます。

役作りのサポート

私がサポートするのは役作り。一緒にどうやって役作りしたらいいのか考えますし、情報収集もします。

実際に話をするときは、話し方や見せ方をレクチャーします。

ビジネス面での目標じゃなくても構いませんよ。「人間関係をスムーズにできる人になりたい!」とか「明るくユーモアを交えて会話できる人になりたい!」とか。

私は本職がカウンセラーなので今どんなことに困っていて悩んでいて、それを解決するためにはどんな人になりたいのかをきっちりしっかりヒアリングして決めていくことができます。

つっききりで専属のプロデューサーになります!6か月間!

えー!?6か月もやるの?長いわ!って思うかもしれませんが、何をおっしゃいますか。人間がそんな簡単に変われるわけないでしょうが。という話です。

新しい習慣が身に着くまで66日間かかるというデータがあります。最低一つのことが身に着くまで2か月ちょっとはかかるんです。

もちろん「もう習慣になったからいいです」と言うならそれでも良いですが、サポート終了後、面倒くさいから習慣を辞めた。なんてことになりがちです。

習慣化したからといって、その行動が板についているかといったらそれも怪しいですよね。

だって、私は演劇の基礎を中学3年間週5日やり続けてやっと身につけてますからね。というか、それだって全然足りない。

習慣化したら今度はそれを磨いていく必要があります。そう考えたら6か月でサポートは終了しても、個人の努力は続けていかないとね。という感じです。

でも6か月続けてられたら、自分で続けていく力もそれなりに身につきます。不安だったら再度サポートを申し込んでいただいても良いし。

良く演じるのは恥ずかしいという方がいらっしゃるのですが、恥ずかしくないように自然に見えるようにするのが役作りです。それをサポートするのでご安心ください。

私もわかりますよ。人前で演技するってなんかこっ恥ずかしいですよね。むずがゆいというかなんというか。

でもそれって自分のものになっていないから恥ずかしく感じるだけなんです。ちゃんと役になれていればそれが自分なんだから恥ずかしくなるわけがない。ありのままの自分がその役になっていればOKなんです。

気になったら無料個別相談

さて、ここまで読んでみて「なんか気になる」「役作りしてみたい」「なりたい自分を演じてみたい」なんて思い始めたら、まずは無料個別相談を受けてみてください。

約60分で、現状把握と、目標設定の第一歩のためのヒアリングをいたします。どんな目標を設定するのかはもちろん自分一人で考えて決めていいのですが、誰かと会話しながら考えると、今まで思いつかなかったことがひらめいたり、意外なことに気づいたりするもんです。

あなたの本当の困りごとや悩み事を引き出して、それを解決するためにはどんな人になっていけばよいのか、一緒に考えます。

ぜひ一度ご相談ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

パーソナルプロデュースを受けてみたい!という方はこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/self8produce

【無料】不定期でゆる~くたまにいいこと配信したりする公式LINEはこちら
https://lin.ee/x6mmOMO

投稿者:

若狭 春奈

ボイスマルシェ専門カウンセラー モチベーション&コミュニケーションスクール講師