託児のできるカウンセラー若狭春奈です。(プロフィールはこちら

小さいうちから活躍しているアスリートやアーティストなんかを見ていると、やっぱり早いうちから英才教育をしなきゃ!って思う方もいるかと思います。

子どものうちのほうが吸収が早いから、なんでも早めにこしたことはないはず!って思いがちですが、実際のところ早期教育ってどのくらい効果があるのでしょうか?

早期教育で効果がありそうなのは読み聞かせ

【参考文献】早期教育の効果に関する調査Ⅱ-親子の意識と学習状況の分析を中心に-
http://www.coder.or.jp/hdr/15/HDR.Vol15.4.pdf

こちらの論文によると、早期教育で最も効果があるのが読み聞かせ

読み聞かせをすることによって本が好きになる」「語彙が増えるという効果が見られたとのことです。

また、子どもの頃の読み聞かせは子どもとのコミュニケーションになって、良い親子関係を築いていける。

親の本好き、家庭に本がある環境というのも影響を与えていると言えるみたいです。

語彙が増えるというのは、コミュニケーションにも役立ちます。国語の成績うんぬんも大事だけど、社会生活の基礎となる部分が育つので、読み聞かせは保育士の私としてもおススメしたいって思いますね。

勉強する姿勢が大事

また、算数に関しては子どもによって効果の現れ方にばらつきがあったみたいです。

早期教育を取り入れるなら、算数より国語の方が効果がありそう。

でも算数も全く意味ないわけではなくて、数学的英才児には情緒の安定している子や、活発に行動する子も多くなったそうです。

早期教育は安定して勉強する姿勢が身について、それが性格にも影響を与えているのかもしれません。

経験を積み重ねることが大切

ちなみに私は幼稚園児の頃にこどもちゃれんじをやっていて、読み聞かせのテープが付録としてついてきていたんだけど、それが一番好きだった記憶があります。

で、そのテープの口調を真似してよく音読していました。

私は読書というよりは音読が好きになりましたね。小学校の授業でも音読が得意でした。それが高じたのか、子どもの頃アナウンサーに憧れて中学校では演劇部に入りましたからね。

早期教育はこういう効果もあるんじゃないですか?まぁここまで読んでお気づきかと思いますが、特に学力向上にはつながってはいないですね(笑)私の場合は。

そう、結局早期教育の効果なんて後にならなきゃわからないし、やってみなけりゃわからないというのが現実だと思います。

ただ、学びというのは情報を知識として蓄えて、それを実生活でどう活かすのかまでが一連の流れ。その基本としてたくさんのことを経験できたらそれは素敵なことだと思います。

興味を持てばどんどん覚える

実際のところ、囲碁や将棋や音楽みたいな特殊分野は早期教育の効果が認められているんだけど、早期教育が英才児を作り出すっていう実証はないんだって。

早期教育を行った親御さんも「やりすぎてしまったのでは・・・?」と感じている方も多いみたい。

そりゃ早く学べば早く覚えることもあるかもしれない。でも、子どもがものを覚えるときって、やっぱり自分の興味を持った分野なんだよね。

電車や虫が好きな子は教えなくてもめっちゃ詳しくなるし、数字だって興味を持つとスイスイ覚えていくし。

こういうのは習い事をしなくても日々の遊びの中で学んでいることが多いです。

遊びながら学ぶ。これが幼児教育の基本中の基本。読み聞かせだって子どもにとっては遊びだしね。

だから早期教育が必ずしも効果的とは言えないんだけど、やるなら子どもの発達と興味の方向性を考慮してあげると良さそうな気がします。

「好き」「楽しい」を大切にする

そして一番は楽しく学べることが大事じゃないかな?楽しくないことはやりたくないよ。大人の私だってそうなんだから(笑)

イチローさんや石川遼くんが子どもの頃から野球やゴルフに取り組んでいたというのは有名な話だけど、二人とも野球やゴルフが好きだから夢中になって取り組めたんだと思うんですよね。

イチローさんは引退会見で「出来るだけ早く夢中になれるものを見つけられるといい」っていう話をしていました。

そういうことなんでしょ。好きだからできるんでしょ。

早期教育が全て効果を発揮するわけじゃないと思います。その根底には「好き」とか「楽しい」っていう感情があって、それを支えるお手伝いができたらいいなと思いますね。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪