育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

子どもを集団生活の場に入れたいんだけど、幼稚園がいいの?保育園がいいの?認可・無認可ってそもそも何が違うの?などなど、子どもを預ける施設についてよくわからない!という声もあります。

自治体によって設置されている施設が様々ではありますが、私が住んでいる秋田市を参考に紹介していきたいと思います。

認可保育所ってなに?

0歳から5歳までの保育を必要とする児童を養護・教育する施設です。入所(入園)には秋田市での支給認定(2号および3号)が必要となり、保育料は市徴収基準額に基づき算定されます。保育の必要量に応じて「保育標準時間認定」(11時間利用)と「保育短時間認定」(8時間利用)に区分されます。

秋田市役所ホームページより引用

いわゆる昔からよくある保育園ですよね。”保育を必要とする”というのが条件となるのですが、ようするに(就業や病気などによって)日中保育をする人がいない子どもが通う施設です。

保育料は家庭の所得によって異なるのですが、自治体からの助成が受けられるので、各家庭の負担金額が低額で済むというわけです。秋田市は第一子から全額助成が始まっています。所得制限がありますけどね。

また、この中に公立保育園と私立保育園があります。自治体直轄のものが公立。それ以外が私立となります。公立保育園は民営化がどんどん進んでいるので、とても少なくはなりましたね。

公立保育園で働いている保育士は公務員と臨時職員ということになります。毎年異動があるので、職員の入れ替わりも多いです。私立保育園は園独自の保育を行っていることも多く、特色が出やすいという面があると思います。

認定子ども園ってなに?

0歳から5歳までの保育を必要とする児童(2号および3号)と3歳から5歳までの教育を希望する児童(1号)を一緒に教育・保育する施設です。入所(入園)には秋田市での支給認定が必要となり、保育料は市徴収基準額に基づき算定されます。
1号認定での入園を希望される場合は、直接施設へお申し込みください。
2号および3号認定の場合は、保育の必要量に応じて「保育標準時間認定」(11時間利用)と「保育短時間認定」(8時間利用)に区分されます。

秋田市役所ホームページより引用

最近増えた認定子ども園。近所の保育園や幼稚園が気付いたら認定子ども園に変わっていた!なんてこともあるんじゃないでしょうか?

簡単に言うと保育園と幼稚園が一体になった施設です。幼稚園は3歳からじゃないと入ることができませんが、認定子ども園なら0歳から入園できます。ただ、ここでも”保育を必要とする”というのが条件となりますね。

もともとは、保育園に通う子どもたちにも幼稚園と同様の教育を受ける機会を与えようという趣旨で始まったと聞きましたが、保育園と幼稚園の活動内容にそんなに大きな差はないと考えても良いような気もします。

というのも、どんな保育をするか、どんな教育をするかは園によるし、保育士や教師にもよるところではあると思います。また、保育園では教育的な要素が一切ないのかというと、そんなこともないですしね。

実際は保育園を希望する家庭が増え、幼稚園は園児募集に苦戦しているところも多く、園児を増やすために認定子ども園に変えるというパターンもあるようです。ただ、その場合は幼稚園教諭の免許だけでは0~2歳児の受け入れができないので、保育士と幼稚園教諭の二種類の資格を持つか、担任編成で調整するかという問題もあるみたいです。

幼稚園ってなに?

《新制度》

3歳から5歳までの教育を希望する児童に教育を行う施設です。入園には秋田市での支給認定(1号)が必要となり、保育料も市徴収基準額に基づき算定されますが、入園などのお問い合わせは、各施設までお願いします。
実費徴収など保育料のほかに費用がかかる場合があります。

《従来型》

3歳から5歳までの教育を希望する児童に教育を行う施設です。入所(入園)には秋田市での支給認定を必要とせず、保育料も各施設で定める料金となります。入園などのお問い合わせは、各施設までお願いします。

秋田市役所ホームページより引用

市からの支給認定が必要になる新制度と従来型の幼稚園があります。入園の問い合わせは各園に直接行う必要がありますね。

開園時間も19時くらいまでと、保育園と大きな差はありませんが、これは延長保育を含めた時間。日中の活動をしてお弁当や給食を食べて降園となることが多いです。

その後、お仕事などの都合で延長保育を希望する子どもは午睡などをして過ごします。延長保育専任の先生がいるという場合もあります。

教育を行うといっても、学校の授業のようにお勉強をするというのとは少し違います。中には算数の授業や体育の授業を取り入れている園もあるみたいですが、自由保育を主としている園もあったり教育方針は園によって異なると思います。

お勉強をするわけではないけど学校教育法に基づいて設置されているので夏休みや冬休みもあります。

小規模保育事業施設ってなに?

0歳から2歳までの保育を必要とする児童を養護・教育する施設です。入所(入園)には秋田市での支給認定(3号)が必要となり、保育料は市徴収基準額に基づき算定されます。満3歳になる年度で卒園となり、卒園後は連携施設への入所が優先されます。

秋田市役所ホームページより引用

0~2歳児のことを未満児といいますが、未満児のみの保育を行う施設です。定員も20人未満と少人数に設定されています。秋田市の場合は私立のみのようです。

事業所内保育事業施設ってなに?

従業員の子どもと一緒に地域の0歳から2歳までの保育を必要とする児童を養護・教育する施設です。入所(入園)には秋田市での支給認定(3号)が必要となり、保育料は市徴収基準額に基づき算定されます。満3歳になる年度で卒園となり、卒園後は連携施設への入所が優先されます。

秋田市役所ホームページより引用

会社の従業員の子どもを主に保育しますが、地域の子どもの保育も一緒に行うという施設です。自分の職場に預けられる場所があるというのは安心して子育てと仕事の両立ができますよね。

こういう施設が整っている会社というのは産休育休明けの復帰も安心ではないでしょうか。

企業主導型保育事業施設ってなに?

従業員の子どもを保育する施設です。地域枠を設け、従業員以外の子どもを受入れする場合もあります。直接施設にお問い合わせください。

秋田市役所ホームページより引用

企業が設置している保育施設ですね。こちらも未満児が対象となります。従業員の子ども以外に地域枠が設けられています。

認可外保育施設ってなに?

新制度に参入しない保育施設で、支給認定を必要としません。保育料などは各施設で定めていますので、直接施設にお問い合わせください。

秋田市役所ホームページより引用

認可外というのがいわゆる無認可保育園のことです。保育料が全額負担となりますが、入れる保育園が他にない!といった理由で入園することもあるようです。

認可と認可外の大きな違いといえばやはり監査が入るか入らないか。監査は入らないにしろ認可外も運営状況の報告や市の職員による質問、立ち入り調査に協力することとなっています。年一回の報告と確認も行うことになっています。

監査結果を保活の材料に

保育所の監査と言うのは実際は一日がかりで、ありとあらゆる書類を片っ端からチェックしたり、保育室の環境などすみずみまでチェックします。監査の前は本当にざわざわしていますよ(笑)

この監査があるから認可保育園は健全な運営が行われている・・・と思いたいところです。でも、認可外だって厳しい監査が入らないからといって適当な保育をしているわけじゃないと思います。いや、思いたい!

ちなみに毎年行われている監査の結果と指導内容は公表されているので誰でも見ることができます。秋田市の幼稚園、保育園の監査結果はこちら→https://www.city.akita.lg.jp/kurashi/kosodate/1005859/1005986.html

どんな点を指導されたのか、また改善されたのかが全部見られるようになっています。園の見学に出かけるのも良いですが、こういう資料も保活の材料にしてみてもいいかもしれません。

でもいいわけじゃないけど監査は本当に厳しくて、指導されることが一つもないっていうほうがもしかして珍しいのではないかと思うんですよね。だから一つでも指導されてるからって「この園は環境が悪い!」なんて決めつけないで欲しいなと思います。そうなると預けられる園が本当になくなっちゃいますから。

どちらかというと、監査をクリアすために書類を偽装する園もあると聞きますのでもはや参考にならないじゃないかっていう。

ただ、明らかに指導内容が多い園はちょっと要注意かもしれませんね。良い園が見つかりますように(´;ω;`)

保育園に入園できないとき

保育園に入れないけど、仕事がある。もしくはちょっと用事で・・・というときは、ベビーシッターやファミサポを利用する方法もあります。

各保育園は一時保育を実施しているところもありますが、一時保育も空きがなくて利用できないということも最近は多いようです。少子化の秋田でさえ一時保育に空きがない状況ですからね。

集団だけが子どもの居場所じゃないですよ。個別の預かりでも教育的な要素を取り入れる人もいますし、いろんな支援を活用した方が安心だと思います。

保育園一択!で、利用できないとなったらもう終わり。なんて困るじゃないですか!選択肢は多く持っていた方が絶対良いですよ。

秋田市のファミサポはこちら→https://www.alve.jp/pages/child_famsupport

ベビーシッターのキッズラインはこちら→https://kidsline.me/

 

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪