育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

つらいことがあったり、孤独を感じたりしたときには、誰かに話を聞いてもらうことで気持ちが落ち着きます。特に子育て中は家で子どもと二人だけになって孤独を感じたり、話をする相手がいなかったり、親としての責任感から些細なことでも不安になってしまったりします。

だから子育て中の不安感やストレス解消にカウンセリングはとても有効です!ということはこれまでも何度もお話していますし、ネットを検索してもよく見かけると思います。

だけど、そんなに頻繁にカウンセリングを受けるなんてできない。外出するのだって大変だし、電話をかけるのもゆっくりできない!という声は本当に多いです。なので、私のカウンセリングは電話だけではなく、LINEやメールもご利用いただけるようにしています。

でもそれでも時間とれない。お金もかかる。自分でなんとかしたい!!というあなたにおススメなのが日記をつけるという方法です。

本当は教えたくないですよ(笑)だって、自分でなんとかしてしまったら私の商売成り立たなくなってしまいますからね。でもお教えします。

日記をつけることがなぜ良いのか

日記って、誰かに見せなきゃってなるとちょっとよさげに書こうとしてしまいますよね。夏休みの宿題の日記なんか、ネタにすごく困りましたよ。私なんかどこにも行かず寝て食べるだけの毎日でしたから(笑)

でも、自分で見るだけの日記なら自分の本音がスラスラ書けます。自分の気持ちは心の中で思っているだけではなく、アウトプットすることではっきりと捉えることができるようになるんです。

これを声に出して行うのがカウンセリングですよ。自分の気持ちがはっきりと言語化できて捉えることができるようになるからそれだけでだいぶスッキリするわけ。

これを自分で文字を書くことで行うのが日記をつけることに該当するんです。その日一日の出来事を書いて、自分の思っていることを率直にアウトプットしていきます。これがセルフカウンセリングになるんですよね。

日記をつけると自分の考えがまとまりやすくなる

文章は難しく考えずに思ったまま書いて良いと思います。でも、ただ心の中で思っていた時と違って、アウトプットすることで考えがよりまとまりやすくなるんですよ。

知らず知らずのうちに自問自答しますから、自分が今後どんな行動をとっていきたいかが自然と思い浮かんだりします。カウンセリングではこれをカウンセラーが一緒に行うわけですね。

カウンセリングを受けずに一人で自分と向き合っていきたいなら、日記をつけるのがとても効果的です。でも、一日二日書いただけで気分がスッキリするとは思わないでね。

書き続けることが大事です。何事も継続は力なり。

私の日記体験談

私は小学生の頃から20代前半くらいまで日記をつけていたのですが、最初は本当にその日起きた出来事を学校の宿題のように淡々と書いていました。

それを続けるうちに、「こんなことがあってつらかった。こうならないようにもっと○○しよう」とか、自分の思った気持ちプラス改善点を書けるようになっていったの。なんか自然にそうなっていましたね。

ときにはどうしらいいかわからず「もうどうしよう。わからないよ~」と、いかにも悩める女子っぽいことも書いていましたが、「こうしたほうが良いと思うんだよね」とか「〇〇したらみんなはどう思うかな?」とか、少しずつだけど前に進もうといろいろ考えるようになるんですよ。

日記帳を前にすると考えが浮かんでくるようなかんじでした。自分の心の整理ができるというか、自分の気持ちと向き合う時間を日々の中で設けることができたのが良かったと思います。

あと、文章力もつくと思います。私のブログはまだまだ読みづらいかもしれませんが、日記をつけていなかったらもっと読みづらい文章だったと思いますよ(笑)

SNSやる時間あったら日記をつけよう

日記って一行でも良いと思います。「今日も一人で育児。疲れた。誰か手伝ってくれないかな」とか、こんなかんじでも良いと思います。

SNSでもこういう日記っぽいことを投稿している人を見かけますよね。それに対して周りが反応して応援してくれたらうれしいですが、不特定多数の意見が入ってしまうとせっかく自分と向き合うための時間が、他人に左右されてしまう可能性があります。

なので、日記は人に公開せず、自分一人で思ったまま書いてみたほうが良いと思います。SNSを見ている時間があったら日記を書いて自分と向き合う方がよっぽど心に良いです。

私だって自分が付けていた日記をネット上で公開して、いろんな人からの意見をもらっていたら、”人に見せる日記”になってしまって全然自分の気持ちを整理できなかったと思う。なので、SNSやブログとは別に日記をつけることをおススメします。

子どもの記録だけじゃなく自分の記録も

子育て中に子どもの成長日記をつけるという方もいますよね。写真とコメントをつけたり、初めてハイハイしたとか歩いたとか、成長の記録をつけることもあると思います。

子どもの記録も良いですが、ぜひ自分の記録もつけてみてください。そりゃ子どもと違って大きな成長はないかもしれません。子どもって一日一日すごく成長しますからね。成長のふり幅が大きい。それと比べて大人は大きな成長はないですよ。

だけど、長くつけていると自分の成長というか変化がとてもよくわかるようになります。私も以前つけていた日記を後から読み返してみると、気持ちも考え方も成長したなって感じましたからね。

やはりとにかく続けることです。時間がかかるけど、セルフカウンセリングになる。時間をかけたくないのなら、カウンセリングを受けたほうが早いかもしれない。ここは自分で決めていいと思いますよ。

自分にとっての最善策を見つける

子どもの数だけ子育ての方法が異なるように、親の心の在り方だって、親の数だけあるはずなんです。それはマニュアル読んだって書いてないですよ。育児本にも書いてないと思うし、保育の専門書にも書いてない。

ちゃんと自分の気持ちを整理していけば、自分にとって一番の最善策が見つかるはず。今はちょっと自分の気持ちを上手く捉え切れていないだけです。

なので、カウンセリングを受けるのはちょっと抵抗が・・・とか、お金が・・・とか、時間が・・・とか、何かしらの障害となるものがあるなら、まずは日記をつけてみるのが良いのではないでしょうか。

ちなみに、カウンセリングを受けていたとしても日記はつけるに越したことはないと思います!カウンセリングだって毎日受けられるわけじゃないですよね。カウンセリングと並行して実践するのも全然ありだと思いますよ!

 

 

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪