育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

私がカウンセリングマインドを学んでいたのが短大生の頃。学校の授業で臨床心理学があり、そこで初めて学びました。

学んだことを活かして保育や保護者支援を行ってきましたが、そもそも私が初めてカウンセリングマインドを活かして物事をなんとなく良い方に向かせた・・・というエピソードを書いていこうと思います。

あ、気合入れずにゆるーく読んでください(笑)

臨床心理学との出会いが人生を変えた!気がする

臨床心理学と出会った当初、私自身とても気苦労をしていたこともあり、授業の内容はとても心に刺さるものでした。(ここらへんの詳しい内容は後日LINE@限定動画にてお話する予定♪)

カウンセリングマインドは、カウンセリングの場じゃなくても日常生活でも応用できるものもあり、人と人とのコミュニケーションに役立つ知識が増えたような気がします。

カウンセリングとは、その人の持っている自然治癒力を引き出したり、どうしていったらよいのか自分で決められるようにしていく。自立を促すようなものです。この点は保育や子育てとも通じていますね。

なんでもお世話してあげるのではなく、自立を促す。自分でできるようにサポートする。こういう考え方がそもそも私に合っていたような気がします。なぜなら私自身が「何でも自分でやりたいタイプ」だから(笑)

自分でできるようになるためのサポート。素敵やん!って思いましたね。

元彼からの連絡

短大を卒業し保育士として奮闘していたある日、とある出来事が。以前付き合っていた元彼から連絡がきたのです。

ちなみにこのとき私は過去の恋愛を引きずることもなく、ただひたすら保育の仕事に邁進していたので、未練がどうのこうのとか、新しい恋がどうのこうのとか、そんなことはさておいていました。

元彼からの連絡はこうです。「結婚して欲しいと言ってくれている人がいる。どうしたらいいと思う?」とのこと。

どうやら身近な女性からプロポーズをされたようなんですね。なるほど。そんなこともあるんですね。

どうしたらいいのか・・・?知らんがな

「どうしたらいいと思う?」なんて言われても私から意見することなんかないわけですよ。私と彼の恋愛は終わっているわけですし、彼の人生は彼のものです。

私からの意見で彼の人生を左右してしまうというのは、なんか違う。しかも結婚という大事な決断です。

ここで私はカウンセリングマインドを思い出したんです。自分で決断できるようにサポートするということをね。

自分がどうしたいのかが大事

「どうしたらいいのか?じゃなくて自分はどうしたいの?結婚したいのならすればいいし、したくないならしなきゃいい。それだけのことじゃない?」

自然と口からそういう言葉が出ていました。私がどう思うかじゃなく、自分がどう思うかが大事。自分がどうしたいのかを導き出さないと!って思いましたね。言い方はちょっときつかったかもしれません。(ごめんね)

でも実はこの言葉、私が以前人から言われた言葉の受け売りだったんです。「どうしたらいいの?じゃなくて自分はどうしたいの?」って。正しいか間違っているかじゃなくて、自分の気持ちはどうなのかっていうことです。

自分の気持ちに正直になって決断した方が後悔も少ないです。それりゃ間違えることもあるかもしれません。それでも自分で決断した方がたとえ間違ったとしても方向転換もスムーズにできます。

ハッとさせられるとはまさにこのこと

私の言葉を聞いて元彼は「今の言葉で決心がついた。結婚するわ」とスッキリした声で言ってくれました。

たぶん元彼は私がもっとネチネチ言ってくれると思ったんだと思います(笑)相手はどういう人なの?その人と一緒になって幸せなの?とか。

そういうのを一切せず「己の心を問う」みたいなことをしたから拍子抜けした部分もあったと思うけど、こういう一言ってハッとさせられるんですよね。私が以前言われたときもそうでしたから。

なぜか私たちって物事をなんでも「善か悪か」「正か誤か」でジャッジしようとしてしまいます。悪や誤を選んだらおしまい!!みたいな極端な考えをしてしまうこともあります。

でもさ、実際おしまいかって言われたらそんなことないし、ジャッジすることで一番大事な「自分の気持ち」を置き去りにしてしまっていることも多いんです。

間違ったら直せばいい

私たちは間違えることもあります。でも人から指図されて間違えるより自分で決断して間違えた方が正すのも早いです。人に答えを求めたり、指図されたりして間違えるとずーっと人のせいにしたくなってしまいます。

間違えるほど経験値は上がります。「こうやったらダメなんだな」っていうデータも増えます。そういうのを繰り返して段々間違いが減っていきます。

間違えたら直せばいいです。人のせいにする方が楽だけど、人のせいにしている時間がもったいないです!

カウンセリングマインドを活かすとお互いスッキリ

そんなことを元彼に気付かせた私は、改めてカウンセリングマインドの素晴らしさを実感するんですよね。元彼もスッキリした様子でしたが、言った私もスッキリしていましたから。

「どうしたらいいかじゃなくて自分はどうしたいのか」この視点は本当に大事です。

ちなみにこれは紙に書いて自分で整理してみると、答えを導き出しやすくなりますよ。自分の気持ちを思いつくままに紙に書き出して、その気持ちを叶えるためにどんな行動をとったらよさそうかを、書き出してみます。

頭の中に思い描いているだけじゃなくて、一度アウトプットするのがポイントです。紙に書いてもわけわからん。考えがまとまらないっていうときはカウンセリングを利用してカウンセラーと一緒に考えてみる方法も良いです。

こういう視点は日常生活に応用できるので、覚えておくと良いと思いますよ♪

カウンセリングという選択肢

ここに、私が心理カウンセリングでお力になることができます。カウンセラーは話を聞く専門家です。もちろん私とみなさんの相性もあるでしょう。それは仕方のないことです。一度ご相談いただいて、継続するかどうかはあなたが自由に決めることができます。

自分の身近な人には言いにくいことも、利害関係のないカウンセラーにだったら素直に打ち明けられることもあります。

私が行っているのは電話やSkype、LINEでのカウンセリングです。全国どこからでも利用可能ですし、外出の必要もありません。また、電話やLINEであれば顔を直接合わせなくても相談することができますし、お問い合わせはLINEから無料でできます。やりとりの感じで合うか合わないかを決めて頂いても構いません。

まずはお気軽にLINEを友達追加してお問い合わせくださいね。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪