育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

ストレスを感じたら、カウンセラーの私としてはカウンセリングを受けることをおススメするのですが、自分でなんとかできることもあるんじゃない?と感じる人もいるでしょう。

実は、カウンセリングを受けたとしても結局問題を解決するのはクライエント様自身です。

そうじゃないと意味ないですもの。カウンセラーが解決してしまったら、問題発生するたびにカウンセラーを頼らなくてはならなくなります。いつまでたっても問題アリなままです。

考え方を変えてみる

だからまぁカウンセラーと一緒にどうしていくかを考えるのがカウンセリングなのですが、ストレスを感じたときにストレスに対する考え方や捉え方を変えてみるという方法をよくとります。

これを自分一人で行うことは私は可能だと思っています。

じゃあカウンセリングなんて受けなくてもいいじゃん!と思われてしまいますが、自分で考え方を変えて柔軟な発想ができる人はそもそも悩みを抱え込まないです。

抱え込む前に自分で発散したり、捉え方を変えたりしてストレスを溜めすぎないようにできていますからね。

ストレス溜まってもうどうしていいかわかんないよ!!ってなってしまっているのなら、それは一人で考え方を変えるのが難しいということ。そういうときはカウンセリングを受けてしまった方が良いと思うのです。

常識は疑う

考え方を変えるとは、具体的にどんな方法をとったらよいでしょう。いろいろな方法がありますが、まずは常識を疑ってみてはどうでしょうか。

そもそも常識なんていうのはその他大勢の人が作り出したもの。自分にすべてあてはまるとは限りませんし、時代背景とともに常識なんて変わっていきます。

昔は着物を着て刀を差したお侍さんがいるというのが常識だったかもしれませんが、今そんな人いたら銃刀法違反で捕まります。それと一緒。

子育てとはこういうもの!という常識に縛られていないか・・・まずは疑ってみましょう。「親になったら自分の時間を犠牲にして子どもに尽くすべきだ」とか、「母親が家事育児のすべてを担うべきだ」とか。

果たして本当にそうだろうか?その根拠は?と疑ってみる。それだけでも柔軟になって気持ちが楽になることもあります。

逆の発想をしてみる

常識を疑うことと少し似ていますが、問題がなかなか解決しない時は従来のやり方や考え方では上手くいかないということになると思います。

だから今までやってきたことと逆の発想で考えてみるんです。

例えば、子育て支援としてママ向けのサービスってこの世にたっくさんありますよね。カウンセリングだけじゃない。託児サービスから、子育てクーポンから、ママセミナーなどなど。

それでも問題山積みなら、逆にパパ向けサービスの展開してみるとかね。いや、その前にママの逆がパパというのも合っているのか微妙だけど。これは例えばの話ね。

推理するように謎を解く

カウンセリングは感情を取り扱う分野。クライエント様の気持ちは最大限に尊重します。でも感情的になっているといつまでも前に進めない時ってありますよね。

やっぱり物事は論理的に考えないと解決に向かいません。感情はとっても大事。だけどなんでも感情優先していたら正確に物事を捉えたり判断したりできなくなってしまいます。

常識に捉われないということもそうですが、固定観念や先入観に縛られて現実を見れていないことが私たちにはよくあります。推理ものでいうところのミスリードされている状態です。

きっと犯人はアイツに違いない!とかあんないい人が犯人なわけがない!とか感情を優先していると現実を見誤ります。現実をしっかり見つめて、何よりも大事な「証拠」を集めるんです。

例えば子どもが自分の言うことを全然聞かない!これは自分の育て方が悪いに違いない!と思ったとします。実際そう思ってしまう方も多いですよね。

でも子どもと関わっている大人は本当にあなた一人でしょうか?本当に言うことを聞かない相手はあなた一人でしょうか?そもそも育て方によって言うことを聞くか聞かないかの差は出るのでしょうか?それを証明することはできるでしょうか?

え・・・なんかめっちゃ責められてる気分ですね(;^_^A

でもそう考えてみると、証拠を提示する方が難しいんですよね。育て方うんぬんが影響することも確かにあるはずですが、本当に「すべてがそうか?」と言われると、それを立証するのは難しい。この世に100%絶対なんてないし、完璧なんてものも存在しないと私は思っています。

常識や固定観念、先入観にミスリードされないでありのままの現実をしっかり見つめてみると、自分自身の謎が解けてスッキリしていくかもしれません。

カウンセリングはあくまで、あなたの捉われてしまっているものを見つけて、ミスリードに気付けるようにしてあげるもの。謎を解くのはあなた自身なんですよ。

悩みの正体は過去への不満と未来への不安

悩みと言うのは「過去への不満」もしくは「未来への不安」により生じます。育児は先が見えないだけに不安が多いのです。いつになったらこのイライラが落ち着くのかもわからない。これはとても不安です。

また、子どもの様子もいつまでこの状態が続くのかわからないから不安になります。ずっと今のまま変わらなかったらどうしよう・・・今はとにかく不安でイライラしてしまうのです。

カウンセリングという選択肢

ここに、私が心理カウンセリングでお力になることができます。カウンセリングは何も精神疾患のある方のみが受けるものではありません。悩みやストレスなどのつらい気持ちをもっと気軽に自由に話してもいいのです。

カウンセリングは「今このとき」に集中する時間に値します。自分の気持ちを話すだけでも過去への不満や未来への不安が和らいでいきます。

自分の身近な人には言いにくいことも、利害関係のないカウンセラーにだったら素直に打ち明けられることもあります。

子育てに関する情報はネットでも簡単に手に入りますし、子どもに関する諸手続きや相談は最寄りの市役所や保健所などで行ってくれます。でも、親の育児ストレスに関する相談窓口ってどこにでもあるわけではないですよね。

私が行っているのは電話やSkype、LINEでのカウンセリングです。全国どこからでも利用可能ですし、外出の必要もありません。

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪
友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪