育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

子育てにイライラして育児ストレスが溜まっていると感じている皆さん。このストレスをどうやったら発散できるのか?また、どうしたらイライラしなくなるのか?と考えますよね。

怒りたくないのに怒っちゃう。とか、イライラするのが本当は嫌なのに。とか自分の意図しないことで困っている人も多いと思うのです。

自分の意志に反して・・・ということは無意識だということですよね。

つい怒っちゃうの「つい」とは習慣なのでは?

無意識に起きてしまうことって、もう習慣化されているものなのではないでしょうか。

例えば、毎日の通勤経路。初めは確認しながら歩いたり運転したりして行きますが、慣れてくると無意識に目的地に向かうことができるようになります。習慣化されたってことです。

これと同じように、怒りたくないのについ怒っちゃうというのは、「イライラしたら怒る」というのが習慣になってしまっている場合もあるのかもしれないということ。

もちろん人によると思いますよ。

でも「つい」って体に染みついているから、習慣だから表れる行動ですよね。

習慣を断つのは難しい

行動が習慣化されるにはそれなりに長い時間がかかりますよね。長い時間をかけて身についた習慣を断つのは簡単なことではありません。

子どもが産まれる前まではそんなに怒ることなかったのに・・・と思うあなたは、子どもが産まれてから徐々に徐々に怒るという行動が習慣になっていったということでしょう。

私も思い返せば保育士になるまで人に怒るなんてほとんどありませんでした。保育士になってから、子どもが何かトラブルを起こしたら「ちゃんと怒りなさい」と先輩に私が叱られていたのでやむなく怒るようになった。そしてそれが習慣化されていったような気がします。

「怒らないから舐められるんだよ」なんて言われたりね。怒らないとダメな保育士だと思われるから。みたいなかんじで。

パパやママも「子どもにビシッと言えないとダメな親だと思われる」「子どもに言うこと聞かせられないとダメな親だと言われる」という脅しのような意識があるんじゃないかな?本当ならそんな脅しに屈しないことが大事なんでしょうけどね。

そのうちにイライラする→怒る→スッキリするという思考回路ができてしまって、「イライラしたら怒れば解消される」という習慣が身についていくわけです。

イライラの相手をしない

習慣化されてるからって、やめるのが無理というわけじゃないですよ。今度は逆にやめる習慣をつければいいわけですからね。身についてしまった習慣をやめるには根性とか精神論ではなくて、もっと現実的に考えて欲しいなと思います。

ここでやめる習慣の代表格ともいえるタバコの話。タバコをやめるのも大変ですよね。タバコには依存性があり、吸う→快楽を得らえるの思考回路ができあがってしまっているので、それこそ根性でどうにかなる話でもない。

習慣をやめるにはそのものに触れる環境を断つことが有効だと言われます。タバコなら喫煙所に行かないとか、タバコを買わない・持たないとか。喫煙者の近くに行かないのもありですよね。

ただ、子育ての場合イライラするからって子どもの傍に行かないわけにもいかない。だからとりあえずイライラから距離を取る。イライラの相手をしないというのがまずは手っ取り早いです。

イライラする出来事があっても相手をしない。気付かないふり、見ないふりをしてスルーする。「そんな!見て見ぬふりをするなんて親失格だと思われるじゃん!」と思ったときは「絶対に怒らないといけない許しがたいこと」だけをピックアップしてみて。

それ以外の好ましくないなぁ、嫌だなぁと感じることは取り合わないようにする。それだけでも怒る回数は結構減ると思いますよ。

実は好ましくない行為は指摘すればするほどエスカレートする側面があると思っています。これは私も保育士時代に感じたことです。好ましくない行為を指摘しないでスルーした方がその行為は落ち着いていきます。一回試してみて!

 

イライラする→怒る→スッキリするの思考回路を断つためにも、やめる習慣をつけることが必要です。

 

イライラから逆算して考える

やめる習慣と同時に、そもそもイライラすることを減らす工夫ができないかも考えてみましょう。こういうときはゴール地点から逆算をして考えるのが鉄則です。

いきなりスタート地点に立とうとするからにっちもさっちもいかなくなります。自分が最終的にどうありたいかをイメージして、そのために何が必要なのかを考えていきます。

さて、イライラする場面としてはどんなことがあるでしょうか。自分の思い通りにいかない時にイライラしてしまうというパターンは多いですよね。臨機応変に「ま、いっか」「そういうこともあるよね」と安定してどっしり構えられたら良いですが、簡単なことではありません。

どんなときも安定してどっしりと構えるにはどうしたって自分に自信を持っていなければならないです。

自信を持つ!そのためにできること

自信を持っている人ってどういう人でしょうか。成功を遂げている人?他人から賞賛を得ている人?これらも当てはまりますが、なんといっても「自分はかけがえのない存在だ」と自分で認めることが第一段階になってきます。

この気持ちを自己肯定感といいます。「私って自己肯定感低いんだよね」と言う人もいますが、自分に自信が持てないという人は同時に自己肯定感も低くなっています。

逆を言えば、自信のある人ほど自己肯定感が高いということになります。これは考えてみれば当たり前ですよね。

自己肯定感を高める!そのためにできること

自分はかけがえのない存在だ!と思えるようになるには何が必要でしょうか。やっぱり他人からの賞賛?承認?

確かに、他人から褒められたり認められたりすると自信がつきますよね!私も経験があるからわかります。褒められるとまたがんばろうという意欲もわきますし、自信につながります。

認められたいという気持ちのことを自己承認欲求といいます。

でも、いつでも他人から褒められるとは限らないですよね。他人に褒められるにはそれなりの成果を出すことが必要です。褒められることもあるけど時と場合による、というのでは気持ちが安定するとは言えませんよね。むしろかなり不安定。

どちらかというと、他人のことにはさほど興味がないというのが本当のところ。

自己承認欲求を満たす!そのためにできること

他人に承認欲求を満たしてもらおうと思っていると、結局不安定になってしまうことはわかりました。ではどうやって満たしていけばよいのでしょうか。

これはいつでも自分のことを見ていて、自分のことをよくわかっている自分自身しかないですよ。自分で自分を認めてあげて、自分で承認欲求を満たしていけば良いわけです。

根本的なことを言えば、自分で認められない自分のことを誰かに認めてもらうなんてできないです。恋愛指南によくある「自分が好きになれない自分のことを好きになってくれる人なんかいない」というのと同じことです。

自分で自分のことを認めてあげる。ありのまま、そのままを肯定も否定もせず受け止めてあげる。

これができると、自己承認欲求を満たすことができます。

ダメな自分も受け止める

肯定も否定もせず受け止めるというのが難しいという人は、おそらく自分のダメなところが許せなかったりするのでしょう。確かにダメな部分を受け止めるって嫌なことかもしれません。

そういうときは、自分のダメだなって思う部分を洗い出して一つずつリフレーミング(捉えなおし)してみます。短所を少しずつ長所に捉え方を変えてみます。そうすると自分のことがだんだん認められるようになってきます。

しかも、自分のことが認められる、許せるようになると他人のことも許せるようになってきますよね。

そう、ここまで段階的に逆算してきましたが、自己承認欲求が自分で満たせるようになるとイライラすることも減らせるんです。自分のことを認めて許せるようになると、他人のことも許せるようになっていくから。

今回は自分の思い通りに行かなくてイライラする場面を想定して逆算して考えてみましたが、たぶん多くのパターンにあてはまるのではないでしょうか。結局はイライラするのもしないのも自分次第ということです。

リフレーミングについては他にも書いた記事があります。また、LINE@でも配信しているのでそちらも参照してみていただけるといいかな。自分でリフレーミングするのが難しいという方は個別のカウンセリングも検討してみてね。

カウンセリングという選択肢

ここに、私が心理カウンセリングでお力になることができます。カウンセリングは何も精神疾患のある方のみが受けるものではありません。悩みやストレスなどのつらい気持ちをもっと気軽に自由に話してもいいのです。

カウンセリングは「今このとき」に集中する時間に値します。自分の気持ちを話すだけでも過去への不満や未来への不安が和らいでいきます。

自分の身近な人には言いにくいことも、利害関係のないカウンセラーにだったら素直に打ち明けられることもあります。

子育てに関する情報はネットでも簡単に手に入りますし、子どもに関する諸手続きや相談は最寄りの市役所や保健所などで行ってくれます。でも、親の育児ストレスに関する相談窓口ってどこにでもあるわけではないですよね。

私が行っているのは電話やSkype、LINEでのカウンセリングです。全国どこからでも利用可能ですし、外出の必要もありません。

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪