育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

LINEでの相談を始めた私。どうして期間も回数も無制限でカウンセリングをするの?と疑問に感じたり、怪しくない?と思われたりするかと思うので、今日はそこらへん詳しく私の思いをお伝えします!!

文字にすることに意味がある

いきなり電話で話すのは緊張するという人も、LINEはいまや気軽なコミュニケーションツールですし、行政でもLINE相談を始めているところがあるそうです。特に若い方からの相談は多いみたいですよ。

声に出すのもアウトプットの方法として有効ですが、一度文字にしてみるというのも、それだけで自分の気持ちを整理することにつながります。

(この自分の気持ちを文字にするという意味では、日記をつけることも悩みやストレスの対応として非常に有効な方法なんです。学生さんなどカウンセリングはお金がかかって受けられない・・・という方には日記をつけてみることをおススメすることもあります。)

友達になりたい!という声に応えてみた

LINEでの相談は返事が返ってくるのを待たなければならず、タイムラグがあってスッキリするのに時間がかかってしまいますが、その時間が自分の気持ちの整理する時間にも充てられます。時間が限られた電話相談では伝えそびれてしまった!なんてこともあるかもしれませんが、LINEなら読み返してから送信できますからね。

しかも私がやっているLINE相談は期間も回数も制限がないんです。だから一度お申込みいただければずーっと相談ができます。なにかあったら相談する相手が一人は必ずいる!という状況が作れるんです。

以前から「若狭さんとお友達になりたいです」という声をありがたく頂くことがあったんです。本当にありがたいですが、カウンセラーとクライエント様が親しくなることはセオリーからいえばタブーとされています。

依存する関係になりやすく、逆に問題が解決しにくくなるという側面があるからなんですよね。

でも、実際にカウンセリングをしていて、悩んでいる方の多くが「相談できる相手が他にいない」とか「ママ友がいない」「孤独を感じる」という方がとても多く、「話を聞いて欲しい!と思うたびにカウンセリングを受けるのはお金も時間もかかって難しい」というのが本音だったようなんです。

これは育児ストレスのカウンセリングを実際にしてみて気付いたこと。これが実情なんだと。

ならば、カウンセラーとクライアントという線引きをきちんとした関係を保ちつつ、いつでも相談できる相手がいる!と言う安心感を提供することはできないか?と考えた結果できたのがLINE相談(期間・回数無制限)という方法だったんです。

カウンセリングの時間を確保する難しさ

育児中の方にとって、カウンセリングのために時間を設けることもなかなかのネックです。子どもが保育園に行っている時間に自分の時間が確保できれば良いですが、それも難しいという方も多いです。だって、保育時間って就労時間と送迎時間しかあてはまりませんからね。ここは園にもよると思いますが。

また、育休中の方も子どもが眠っている間に・・・と思ってもちょっとした物音で目覚めてしまうことなんか普通にあるだろうし、なかなか自分のための時間を作るって難しいですよね。

本当はこの「自分のための時間を作って自分を取り戻す」っていうのが大事なんだけどね。

まずはとりあえず困ったら相談できる、頼れる相手がいる!という状況を作ることが先決かもしれません。忙しい方にとっては特に。LINE相談は自分の都合の良いときにメッセージを書いて送信できるからその点使いやすいと思います!

何かあったときのために登録だけしておく

LINE@からメッセージを送信してお申込み頂くようにしているのですが、LINE@への登録は無料でできるので、相談したいことができたときのために登録だけしておくという方法もあります。

不定期で前向きになるためのヒントなど配信していますが、本当にたまーになので、登録してもウザくないはず(笑)ウザかったら通知をオフにしたりブロックしたりしてください。(しないでくれたほうが嬉しいですが)

そもそもの目的が「相談したいときに頼れる相手が一人はいる」という状況を作って孤独を感じないようにしていくことなので、申し込むもしないもみなさんの意志を尊重します。

一人で背負いこんでしまう

一人で育児や家事をこなすひとり親家庭の方は、「なんでも自分でこなさなきゃ!」と自分自身にプレッシャーをかけてしまう人もいます。分担ができないからと、なんでも自分でやる意識が強い分、育児ストレスも一人で溜め込んでしまいます。

つらい胸の内を打ち明けられない

もし育児ストレスを感じたり、困ったことがあっても、そのつらい胸の内をなかなか人に打ち明けられない人もいます。「一人でも大丈夫!一人でも育児がんばる!」と言い聞かせていても、知らないうちにストレスが蓄積していってしまいます。

ご両親と同居ですぐに頼れる相手がいるなら良いですが、人に頼ることが苦手になっていってしまう人もいます。

時間に余裕がない

日々の家事や育児に追われ、常にワンオペ育児をしている。そんなひとり親家庭の方にとって、自分のストレス解消のために時間を作るのが難しいという方もいます。

カウンセリングという選択肢

私が行っているのは電話やSkype、LINEでのカウンセリングです。全国どこからでも利用可能ですし、時間のない忙しいひとり親家庭の方も、外出不要で利用することができます。LINEでの相談はちょっとした空き時間に利用できるため、とても便利です。

カウンセリングは何も精神疾患のある方のみが受けるものではありません。悩みやストレスなどのつらい気持ちをもっと気軽に自由に話してもいいのです。

自分の身近な人には言いにくいことも、利害関係のないカウンセラーにだったら素直に打ち明けられることもあります。

子育てに関する情報はネットでも簡単に手に入りますし、子どもに関する諸手続きや相談は最寄りの市役所や保健所などで行ってくれます。でも、親の育児ストレスに関する相談窓口ってどこにでもあるわけではないですよね。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪