育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

育児ストレスと言えば、よくわからないけれどとにかくイライラするという声が多く聞かれます。これが産後のホルモンの変化によるものなのか、子どもが生まれてからイライラすることが増えたと感じる人が多いようです。

このイライラをなんとかしたい!解消したい!そう思う方も多いでしょう。

子育て中のイライラの原因はさまざま

イライラの原因は本当に人それぞれです。

  • 産後のホルモンバランスの変化
  • 寝不足
  • ライフスタイルの変化
  • 自分の思い通りにいかない
  • 夫婦間のすれ違い

などなど、もっとたくさんあると思います。

でも、その多くが実は子どもによるものというよりは自分自身の問題であることが多いのです。自分の体調や機嫌によって、子どもに対するイライラ度が変化する。

そもそも親になったことによって、「この子をきちんと育てなければ」という責任感が芽生え、些細なことにも過敏になったりすることも多いです。

子どもが生まれる前までは気にならなかったようなことも気になってしまう。

いっそイライラの原因は考えない

イライラの原因は自分自身にあるということがわかった。でもそれがわかったところでイライラがなくなるわけではありません。

むしろ原因は自分にあることも多くの人が初めから気付いていたりします。

じゃあどうすればいいか。原因を追究してもイライラが解消されないのなら、原因なんか考えなくても良いのでないでしょうか。

原因を追及すればするほど自分を責めてしまう人もいます。だってイライラの原因は自分自身だと気づかされるわけですから。やっぱり私が悪いんだ・・・と思ってしまってその先に進めなかったらどうしようもないじゃないですか。

なんで?どうして?と考えれば考えるほど自分を責めることになります。それはイライラのループを生んでしまう可能性もありますよね。

イライラしている自分を観察する

まずは「私ってこういうことで今イライラしているんだな」と受け止めることから始まります。そのことを良い・悪いってジャッジしないで、ただありのままの気持ちを受け止めます。

自分を客観的に見ると、冷静さを取り戻すことができるという人もいます。

私は演劇をやっていましたので、自分の感情の変化を観察するのが日課になっていて、それによって自分の気持ちをコントロールするのが少しだけ得意になった気がします。

イライラしているときや、悲しくなっているときの自分の顔を鏡で観察したこともあります。鏡の中の自分を見るとかなりハッとしますよ。私、今こんなに怖い顔してるんだ!とか。

大事なのはそんな自分を善悪で判断しないことです。ただ観察してなるほどなと思うだけに留めること。

と、言葉で言うのは簡単ですが、これは慣れるまで難しいかもしれません。だって怒ってるときや泣いてるときの自分の顔や感情を観察するなんてドライなことできないですよね。どんだけ女優魂だよって話です(笑)

 

 

非常に多いご相談なのですが、「怒りたくないのに子どもを怒ってしまう」というもの。本当に多いです。子どもは悪くないってわかってるのに怒っちゃう。旦那さんはよくやってくれているのに怒っちゃう。

そもそもなんで私たちって怒ってしまうのでしょうか。

「怒る」という行為は感情の表現方法の一つ。イライラしたり頭にくるようなことが起こったときに、どのような表現をするかはその人次第。だから「怒る」以外の選択をする人もいます。

あの人全然怒らないよね。すごいな・・・。

って思うような人があなたのまわりにもいるかもしれません。私もよく「なんで全然怒らないの?」と言われることがあります。でも別にイライラすることが全くないわけじゃない。ただ、「怒る」という選択をしていないだけです。

(でも保育士時代はよく怒っていました。反省です・・・。)

怒りたくないなら怒らないと決意する

そう、怒りたくないなら「私は怒らない」と決意して「怒る」以外の選択をすればいいだけです。本当にそれだけです。

私は怒るのがもう精神的にも体力的にもしんどくて「もうやめたい・・・」と思ったのでやめました。そしたら別に怒らなくてもしつけができることがわかった。怒るより伝えることが大事。逆に言えば怒っても伝わらなければ意味がないということです。

よくありませんか?何回も同じことで怒っている。何回言ってもわからない!ってこと。それは伝わってないからなんですよ。怒っても伝わらないなら怒り損じゃないですか?

損・・・!したくないじゃないですか。

みんな自分の意志で動いている

「怒りたくないのに怒っちゃう」「怒らないようになりたい」と思うとき、今一度思い出して欲しい。私たちは自分の意志で動いているのだということを。

まさかあなたはいつも誰かに操られているわけじゃないですよね。

だから怒りたくないなら「怒らない」という選択を自分ですることができます。もしくは「ここは怒る!」ということも決めることができます。

軸を決めておくと一番良いですね。「ここからここまでは怒らない」とか。「ケガをする恐れのある時は怒る」とか。

自分のことは自分で決めよう

子どものために。家族のために。と思うあまり、自分のことが置いてきぼりになっていることはありませんか?もっと自分の意識を向けて、自分の軸で生きてみましょうよ。

自分の気持ちがよくわからない。整理できないという方は一度ご相談ください。カウンセラーと一緒に現状を整理していくと自分の気持ちが早く明確になりますよ♪

簡単な方法でイライラ解消したい

とまぁここまで読んで、自分の気持ちをコントロールできるようになる方法があるのはわかったけれど、なんか一人でやるのは難しそうだなと感じた人も多いでしょう。

やっぱり手軽にできないと継続できないですからね。

一番手っ取り早く子育てのイライラを解消できる方法がやはり誰かに相談することではないでしょうか。

相談できる相手がいないという方は、話を聞くプロに依頼するのが良いと思います。だって、誰か適当な人を見つけて相談してみたところで「イライラなんて自分の問題じゃん」なんて突き放すようなことを言われてしまったらもう折れちゃいそうじゃないですか。

最初に相談した人が気持ちを受け止めてくれない場合、「他の人に相談してもまたわかってもらえないかもしれない」と不安になったり「もう誰にも相談したくない」と思ってしまったりして、結局誰にも相談できずに溜め込むことになってしまいます。

イライラもどんどん増殖しますよね。これでは自分がつらいだけです。

なるはやで子育てのイライラを解消したい!と思うなら、カウンセラーに相談するのが手っ取り早いですよ。自分の気持ちを客観的に見るのも、カウンセラーと一緒にできますしね。

カウンセリングという選択肢

ここに、私が心理カウンセリングでお力になることができます。カウンセリングは何も精神疾患のある方のみが受けるものではありません。悩みやストレスなどのつらい気持ちをもっと気軽に自由に話してもいいのです。

カウンセリングは「今このとき」に集中する時間に値します。自分の気持ちを話すだけでも過去への不満や未来への不安が和らいでいきます。

自分の身近な人には言いにくいことも、利害関係のないカウンセラーにだったら素直に打ち明けられることもあります。

子育てに関する情報はネットでも簡単に手に入りますし、子どもに関する諸手続きや相談は最寄りの市役所や保健所などで行ってくれます。でも、親の育児ストレスに関する相談窓口ってどこにでもあるわけではないですよね。

私が行っているのは電話やSkype、LINEでのカウンセリングです。全国どこからでも利用可能ですし、外出の必要もありません。

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪