HSPカウンセラーになりたい

育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

最近私のブログの検索ワードが「HSPカウンセラー」「HSP カウンセラーになるには」など、おそらく”HSPカウンセラー”になりたいと思う方の検索が多いんですよね。

私は自分自身がHSP気質を持っているのですが、HSPに特化したカウンセリングを行っているわけではありません。ただ、カウンセラーの本質を考えたら、HSPの人が相手でもそうじゃない人が相手でもカウンセリングを行うことはできるだろうと私は思っています。

そもそもカウンセラーになるには

カウンセラーとは何か資格が必要だと思っている方が多いですが、実は資格がなくても名乗ることができます。従ってカウンセラーになるには「カウンセラーになりたいと思う」→「カウンセリングをします!と宣言する」だけでなることは可能です。

カウンセラーとは資格名ではなくて職業名です。話を聞く人のことをカウンセラーと言います。販売員(販売する人)とか事務員(事務仕事をする人)とかと同じです。なので私が名乗っている”育児ストレスカウンセラー”というのも資格名ではありません。そんな資格はありません。あくまで職業名です。

話を聞く専門家で一番に名前が挙がるのが臨床心理士です。臨床心理士は大学院を卒業しないと資格取得することができません。ですが、民間資格であって公的資格ではないのです。他にも仕事の相談を行う産業カウンセラーなどの資格もありますが、こちらも民間の資格です。

実はカウンセラーと名の付く認定資格のようなものは様々ありますが、その資格がないとカウンセリングを行うことができないというわけではないのです。資格を持たずにカウンセリング業を行っている人もいます。

資格より必要なことがある

こんなことを言うと、多くのカウンセラーさんに怒られてしまうかもしれませんが、私はカウンセラーの資格の有無はさほど重要じゃないと思っています。

カウンセリングは人対人のやりとり。結局は人間性が大事だと思うのです。「資格を持っているか」よりも「どんな人なのか」の方が重要です。

ですが、世の中には「〇〇カウンセラー資格取得講座」などが多数存在します。とりあえずの肩書きが必要であればそういう資格取得をしてもいいかもしれませんが、とりあえずの肩書きで人の心を扱えるほどカウンセリングは簡単ではないのです。

カウンセリングで必要なことはとにかく相談者の気持ちを受容して、共感して、嘘偽りない態度を示すことだと思っています。これができるかできないかは資格の有無ではないじゃないですか。

自分が人として、カウンセラーとしてどうあるのか。その方がよっぽど大事だと思うのですよ。「この人になら話せる」「この人に聞いて欲しい」と思ってもらえるかどうか。信頼関係ができるかどうかの話なんですから。

HSPカウンセラーになりたいならとことん理解する姿勢を示す

HSPの人を相手にカウンセリングを行うなら、HSPカウンセラーの資格を取るよりも、まずはHSPの特徴を理解することだと思います。HSPといってもいろいろなタイプの人がいます。

でもカウンセリングの基本姿勢である「受容、共感、自己一致」を心がけていれば、相手がHSPであろうがなかろうがカウンセリングをすることはできると思うのです。

HSPの人じゃないとHSPの人の気持ちがわからない。そんなことを言っていたらそもそもカウンセリングなんかできません。犯罪心理学者の方が全員犯罪者だったら大変なことになるじゃないの。自分の経験則でものを言わない。これは基本中の基本だと思います。

もしもあなたがHSPカウンセラーを名乗りたいのなら、HSPの人とたくさん接してどんな考えを持っているのか、どんなことに困っているのかなどなど聞いてみたらいいのではないかしら?

私は育児ストレスを抱えている人を対象にカウンセリングを行うので、子育て中の方とは積極的に関わって話を聞いたりしています。そうやって相手を理解しようとする姿勢が大事なのですよ。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪