カウンセリングや心理学を学んでみたい方のお手伝いができます!

育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

先日、「カウンセリングを学びたい!」というご相談を受けました!いくつになっても勉強したいという意欲があるのは素晴らしいことですよね。

私は自分で直接カウンセリングのレクチャーはしないのですが、勉強の仕方をお教えしています。どうして直接教えないのか、それには理由があります。

自ら学ぶ意欲を育てる

私はカウンセリングマインドについては短大の頃に臨床心理学を授業で学んでいました。保育にも相談業務が必要ですからね。選択科目ではなく必修でした。臨床心理士の先生が講師としていらして、そこで基本的なことを学びました。

その後は自分で臨床心理士の先生やカウンセラーの方の書いた本を読んだりして勉強していました。授業で聞いて覚えるよりも、自分で勉強した方がずっと覚えられたような気がします。短大生時代の教科書も改めて読み返してみると、今だからわかることがあったりします。

人からノウハウを教わるよりも、自分で意欲的に学ぼうとする方がずっとずっとモノになります。その方が習得したい!という気持ちも強くなりますし、目的を持って取り組むので達成しようと努力もします。

秋田の教育

秋田県と言えば子どもの学力が高いことで有名ですが、小学校では家庭学習と言う宿題が出されます。先生が問題を指定するのではなく、自分が好きなことを勉強してノートに書いて毎日提出するのです。

国語の漢字ドリルをノートにまとめてもいいし、計算問題をやってもいい。自分で課題を決めて取り組むんです。これが学力向上に大事なのではないかと言われてはいます。

人から指示されるのではなく、自分で主体的に取り組むことで、しっかりと自分のモノになっていくのです。

自主学習、独学がおすすめなワケ

私は短大でカウンセリングマインドを学んでいたと言えど、カウンセラーになるための勉強は独学で行いました。それは、自分に必要だと思ったからこそ取り組むことができたし、興味のある分野は人からやれと言われなくても自分から学ぶことができました。

良い指導者に巡り合うことは大切です。でも、ただ教わるだけではやっぱり弱い。自分から積極的に取り組まないと身について行きません。だから私は主体性を育てることがすごく大事だなって思うんです。

自分の心を整えるためにもカウンセリングの勉強はおススメ

カウンセリングや心理学を学んでから、私自身の心のコントロールがすごく上手になったような気がします。「今このことは気にしなくていい」とか怒りの感情に捉われないようにしたりとか、とにかくバランスをうまく取れるようになりました。

なので、カウンセリングの勉強は誰かにカウンセリングを行う目的じゃなくてもすごく役に立ちます。人間関係も円滑になりますしね。

カウンセリングや心理学を学んでみたい!という方は、特別資格を取る必要がないのならまずは自主学習してみるといいと思いますよ。また、勉強の仕方なら私もお教えすることもできますし、カウンセリングの体験や練習にもお付き合いできます。

もしご興味あればお問い合わせくださいね。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪