育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

育児ストレスに悩んでいるとき
ストレスの原因は何なのか?に注目してしまう。
そういうことはありませんか?

育児ストレスの原因

原因追求をすれば結果が変わるはず。
原因を排除すれば悩みが解決するはずです。

はい、この考え方も悪くはないけど
本当にそうかしら?

じゃあよく考えてみよう。
育児ストレスの原因が子ども側にある。
子どもが育てにくい子だったから。
子どもが言うことを聞かない子だからストレスを感じる。
だから子どもを排除しよう。
そうなりますか?そういうことではない気がします。

育児ストレスの原因が旦那さんの態度だった。
家事も育児もしない、全部私任せ。
よし、旦那さんを排除しよう。
いやいや、そういうことじゃないよね。

そりゃ子どもがいなければそもそも育児ストレスはないし
旦那さんがいなければイライラしないかもしれない。
でもあなたの望んでいることって
そういうことじゃないですよね。

今の現状を改善したい!変えたい!
そういう”これから”のことに気持ちが向いていますよね。
ようするに結果の方をどう変えるのか。

原因論と目的論

アドラー心理学では私たち人間は
原因ではなく目的によって行動するとされています。

給料が安いから仕事を辞めたいのではなく
この仕事をしたくないという目的によって
辞めるという選択をしているという理屈。
まぁそう考えると退職理由って
聞くだけ無駄ってことになりますよね(笑)

育児ストレスもそう。
子どもが言うことを聞かないからとか
旦那さんの理解がないからとか
そういう原因によってストレスを感じるのではなく
育児を少し休みたいとかリフレッシュしたいとか
そういう目的を達成するために
感じるのではないかと思うのです。

原因追求してもストレスからは解放されない

原因を追究して
子どもが言うこと聞かないからだとか
旦那さんが理解がないからだとか
自分の時間が持てないからだとか
そういうことがわかったところで
ストレスがなくなるわけじゃない。

その原因を簡単に排除することはできないですよね。
わかったところでどうすることもできません。

ストレスとどう向き合うのか

それより大事なのはこの育児ストレスとどう向き合うか。
私たちは目的によって行動しています。
育児ストレスを感じるということは
「このまま突き進んだら危ないよ」「立ち止まって」
というサインなのではないでしょうか。

このまま無理をしたくないから
だからストレスを感じてストップをかけている。
私たちってすごく優秀!!

育児ストレスを感じたら原因追求してないで
まずは一旦立ち止まってみましょ。
「休みたい」「リフレッシュしたい」
その気持ちに正直になってみたほうが楽になりますよ。

 

 

登録無料!LINE@

LINE@ご登録で子育てや人間関係に役立つ「リフレーミング表」を画像データでプレゼントしております。ストレスケアに役立つ情報も配信中!カウンセリングに申し込むのはまだ迷う・・・。そんなあなたはぜひLINE@からお役立ち情報をゲットしてください。お問い合わせやカウンセリングのご予約も便利なLINE@からどうぞ!!登録は無料です!!
友だち追加