最近私のブログ内の「パパゲーノ効果」に関する記事のアクセスが急増中です。

芸能人が亡くなったという報道後は毎回同じようにアクセスが増えます。

著名人の自殺の報道がされると、特に若い年齢の人たちの自殺が増えるという現象が起こります。これを「ウェルテル効果」と言います。

その逆で報道により自殺予防をしっかりすることで自殺者を減らす効果があることがわかっています。これが「パパゲーノ効果」

報道には自殺予防のためにWHOが作成した手引きがあります。

  • 務めて、社会に向けて自殺に関する啓発・教育を行う
  • 自殺を、センセーショナルに扱わない。当然の行為のように扱わない。あるいは問題解決法の一つであるかのように扱わない。
  • 自殺の報道を目立つところに掲載したり、過剰に、そして繰り返し報道しない。
  • 自殺既遂や未遂に用いられた手段を詳しく伝えない。
  • 自殺既遂や未遂の生じた場所について、詳しい情報を伝えない。
  • 見出しのつけかたには慎重に期する。
  • 写真や映像を用いるときにはかなりの慎重を期する。
  • 著名な人の自殺を伝えるときには特に注意する。
  • 自殺で残された人に対して、十分な配慮をする。
  • どこに支援を求めることができるのかということについて、情報を提供する。
  • メディア関係者自身も、自殺に関する話題から影響を受けることを知る。

このような手引きがあって、これに則って報道をすることになっていますが、実際どうなんでしょうね。

私は芸能に関わる仕事をしてきましたし、マスコミ関係の方々にはお世話になりましたので、あまり否定的なことばかり言いたくはないです。

だけど、マスコミが人の命に係わることもあるのだということは念頭に置いて生活しています。

芸能人は尊いお仕事

そして、芸能人も普通の人間であるということを心に留めています。

”芸能人”というマスクをかぶった普通の人なんですよ。選ばれた特別な人だから、特別強いかって言われたらそうじゃない。

むしろ人前に出る仕事というのはとてもストレスフルです。

だけど夢を与えるお仕事が芸能人だから、みんなつらくてもそんな顔見せずにがんばってくれているんです。

マジ尊いお仕事です。

ネガティブな情報ほど多いから厄介

そんな尊いお仕事と切っても切れないのがマスコミです。もちろん良いことだけ報道してればいいってわけじゃないことはみんな承知の上。

だけど、報道の影響力はネガティブな情報ほど強いってことなんですよ。

私たちはこの情報過多の時代に、いかに取捨選択していくかってことも大事ですね。

また、ネガティブな報道がなぜこんなにも多いかって、諸説ありますがネガティブな報道をした方が広告の商品が売れるんだそうです。

嫌な報道見て、その合間にほっと一息つけるCMの存在。その安心感からCMの商品はポジティブに見えてよく売れるんだそうです。

なんかとても皮肉。

パパゲーノ効果を期待したい気持ち

マスコミが自殺予防をしてくれることで自殺者を減らすこともできるのに、わかっているのになかなか実現しないもどかしさ。

それでも私のブログの「パパゲーノ効果」に関する記事がアクセスされているのって、みなさんその効果を期待しているからなんじゃないですかね?

カウンセリングにおいて何よりも優先されるべきことが自殺の予防です。いざとなったらどんな手を使ってでも食い止めたいって思いますよ。

だってそれが使命だからね。

無料!LINE@友達登録

毎週月曜コラム配信
9/28~悩んでいる人との接し方について配信♪

限定動画URLプレゼント
リフレーミング表プレゼント
お問い合わせもLINE@からお気軽にどうぞ!

  スマホの方は下記ボタンをクリック♪
友だち追加
PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪