育児ストレスカウンセラーの若狭春奈です。(プロフィールはこちら

自分の肩書をですね、変えたんですよ。今までずっとただの心理カウンセラーを名乗ってたの。でも○○カウンセラーっていう何を扱ってるのか明確にわかる肩書をつけたくてしばらく考えていたんだけど悩みに悩んで結局「育児ストレスカウンセラー」ってめっちゃ普通の名前・・・(笑)

そのままじゃん!でも一番わかりやすく伝えるとそれになっちゃったんだよ!!

子育ての悩みっていうと子どもの発達発育からしつけなどなどすごく広範囲に及ぶんだけど育児ストレスっていうのが私の取り扱う専門分野として一番どんぴしゃでわかりやすいんですよね。

それに私、しつけの仕方って言っても子どもによって、親によって、環境によって、様々な方法があって正解も間違いもないと思ってるからあまりノウハウはお伝えしておりません。「保育園ではこうしてる」とか「保育士としてはこうしてた」とか体験談的にお話することはあるけど。

私が行うのは来談者中心療法っていう心理療法なので育児ストレスが専門って言いきったほうがいいかなっていう結論に至りました。

というわけで今後とも育児ストレスカウンセラーの若狭をどうぞよろしくお願い致します!!

育児のストレスを誰に相談してる?

さてさて、育児ストレスというとみなさんはどなたに相談をしていますか?

調査によると、相談相手として最も多いのがご家族。一番身近な存在ですもんね。次いで友人。その次が幼稚園や保育園の先生などの専門家。

よりストレスを感じている人ほど身近な人よりも専門家に相談をしている傾向があるそうです。そりゃそうですよね。専門的なことは専門家に聞くのが早い。

それと同時に専門家に相談しても解決しない場合にもストレスが高くなるのではないかという見解があるようです。

ちなみに子どもが小さい乳児期は友人の次にインターネットの活用が多いみたいです。まだ保育園に入っていないと相談相手が家族、友人以外となるとネットに頼るしかない。

どうせネットを頼るのなら!!専門家を頼るのなら!!ぜひカウンセラーという選択肢を持って欲しい!!

カウンセラーにも様々いらっしゃいますが私のような心理カウンセラーはストレスの取り扱い専門です。そして話を聞くプロです。

悩みをカウンセラーに相談するという選択が今の日本にはまだ浸透していないんですよね。残念です(´;ω;`)私に相談にいらっしゃる方はご家族に相談してもどうにもならなくて・・・という方が多いですよ。そうですよね。初めはご家族に聞いてもらいたいですよね。だって一緒に子育てしてくれる人なんだから。

それでもストレスを感じたままだったらカウンセラーの選択肢もどこかにいれておいてね。頭の片隅程度でもいいからね。

かかりつけ医を持つように専門家に相談する

電話でカウンセリングを受けるなんて・・・むしろカウンセリングを受けるなんて重症っぽい・・・そう思って相談することを躊躇しているならもったいないですよ!!

日本ではまだあまりなじみのないカウンセリングというもの。欧米では一般的に利用されていて主治医やかかりつけのお医者さんがいるのと同じようにいつも相談するカウンセラーがいる。

悩み事が生じたときに、自分の周りの人に相談するのも悪くないですが自分の身近な人にもしも否定的なことを言われたらお互いに嫌な気持ちになりますよね。私は身近な人に相談することにあまりメリットを感じていません。

自分が何か悩んだとき、私は自分の周りの人には相談しないんです。相談したことによって「止めたほうがいいんじゃない」とストップをかけられたり「あなたが悪いんじゃない」と否定されるのが嫌だから。

だから専門的な人に聞いてもらうようにしています。仕事のことならキャリアカウンセラーさんや産業カウンセラーさんだし雇われているなら労働局とか。心の問題なら心理カウンセラーの方に相談しています。

身近な人には相談しないそのワケ

家族や友人には事後報告しかしません。「こうすることに決まったよ」と一言だけ。どうして自分の一番身近な人を頼らないの?と思われることもあるのですが身近な人であればあるほど客観視できなくなっている場合が多いのです。

相談を受ける側の私情も挟み込まれます。そうなると結局自分の思った通りにならないというか納得いく結果にならないんですよね。

赤の他人というのは利害関係がないですから実は一番本音を話しやすいのです。しかもその本音に対する返答も客観的。それを受けて自分の判断で今後の行動を決めることができますから納得のいく結果につながるというわけです。

悩んでいるけど自分一人では結論を出すのが難しいな・・・というときは、専門のカウンセラーに相談する。一番理にかなっていると思うのですよね。

たくさんの専門家が存在している

私は心理カウンセラーとして主に子育て中の悩みに対応していますが、私以外の他のカウンセラーさんも普通におススメします。私の望みは様々な悩みを抱えて生きづらさを感じているみなさんが楽しく毎日を送れるようになること。

なのであなたに一番合うカウンセラーさんを選んで欲しいと思っています。あなたに合った人に相談してみてください。

ボイスマルシェはリーズナブルなお試しのご利用もできます。在籍している先生全員がお試し相談できるとは限らないのですが、かかりつけ医を探すつもりで検討してみてはいかがでしょうか。

子育て中ってどうしても子ども中心に考えてしまって自分のために時間やお金を使うことが”いけないこと”のように感じてしまいがち。

でもイライラしたまま子育てしていると物音だって大きくなってしまうし。一つ一つの物音が大きいと子どもは敏感に反応しますから眠りが浅くなってしまったり、機嫌が悪くなってしまったりします。

そんな些細なこと・・・と思うかもしれませんがパパとママの気持ちの安定が子どもの安定にもつながるって思うと最優先してもいい項目ではないかしら?

子どもが生まれてから自分のことが後回しになっている方にこそカウンセリングを受けて欲しいなって思います。前回も書きましたが、自分の時間を作るのが難しい方にとって電話でできるカウンセリングは本当に手軽で便利ですよ!

相談できる機関はいろいろ

育児に関連して公的な窓口や専門機関は様々あります。市役所や保健所の担当の方や保育園、幼稚園、学校の先生は身近な専門家として頼ることができますよね。

児童相談所も育児の悩みの相談を受け付けてくれます。児童相談所の全国共通ダイヤル189は虐待の通報以外にも育児において難しさを感じている方も利用できます。

また、子どもの発達に関する専門の機関や学校もあります。臨床心理士の先生が常駐している場合もあります。

頼れるはずの相手でも相性がある

育児に悩んだとき、頼れる専門家はたくさんいるのです。これは孤独になりがちな育児においてとても心強いことだと思います。でも、どんなに専門的知識を持った人でも、結局は人対人。相性があります。

相談相手が専門的知識があるがゆえに「自分の育児を否定されたような気がした」と感じられる方もいるようです。

子どもの専門家であっても、カウンセリングマインドを身につけている人でないと、「人の話を聞く」ということが上手くできない人もいます。

でもこれはやっぱり人対人だから。合う合わないがあるのは仕方のないことです。相性というのはフィーリング。いわばお見合いと一緒ですよね。特別な落ち度がお互いになかったとしても、なんとなく合わないことはよくあることです。

カウンセリングという選択肢

ここに、私が心理カウンセリングでお力になることができます。カウンセラーは話を聞く専門家です。もちろん私とみなさんの相性もあるでしょう。それは仕方のないことです。一度ご相談いただいて、継続するかどうかはあなたが自由に決めることができます。

自分の身近な人には言いにくいことも、利害関係のないカウンセラーにだったら素直に打ち明けられることもあります。

私が行っているのは電話やSkype、LINEでのカウンセリングです。全国どこからでも利用可能ですし、外出の必要もありません。また、電話やLINEであれば顔を直接合わせなくても相談することができますし、お問い合わせはLINEから無料でできます。やりとりの感じで合うか合わないかを決めて頂いても構いません。

まずはお気軽にLINEを友達追加してお問い合わせくださいね。

参考資料はこちら
乳幼児を持つ母親の育児不安と日常の育児相談相手との関連:健やか親子21最終評価の全国調査より

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪