育児ストレス悩み相談室の若狭春奈です。(プロフィールはこちら

私がHSPであることは以前もお話していますが
もしかしたら自分も?と感じるのなら
HSP傾向のある人ほどカウンセリングを
利用することをおススメします!!

その理由はHSPの特徴に関係しています。

①人に気を遣う

HSPの傾向のある人はとにかく気遣いします。
遠慮します。迷惑を掛けたくないと思っています。
だからなかなか自分の本音を周囲に相談できない。

そのかわり誰かがつらい思いをしていると放っておけない。
だからいつも自分につらさが蓄積してますよね。
なんで私だけ・・・そう思うことも多いはず。

②人に言われたことを気にする

気遣いな上に気にする性分です。
誰かに相談した結果
「それっておかしいよ」「ダメだよ」
なんて否定されたら
「やっぱり私が悪いんだ」と自分を責めます。

本当はいちいち気にしていても仕方ないって
わかっているんだけど気にする。

傷つきたくない気持ちも相まって
結局誰にも相談できずに溜め込みます。
だって相談してみて否定されたら嫌だし
クヨクヨ気にするくらいなら
誰にも言わない方がまし。そう思っていませんか?

③刺激に敏感

HSPの人の中には大きな音や刺激に敏感な人がいます。
怒鳴り声や泣き声も苦手。
子育て中は子どもの泣き声が特に気になります。

敏感な人じゃなくても泣き声が苦痛になる人は多いです。
ただでさえ心が疲弊するのに
HSPの人にとって子育ては刺激の連続です。

ゆっくり穏やかに過ごしたくてもそれができない。
これはかなりの負担がかかっています。

 

と、簡単に3つ挙げました。
これらの特徴をまとめるとHSP傾向の人は
子育て中のつらさを誰にも相談できずに
溜め込んでしまう場合が多いんですよ。

だからこそ!!
つらさを”話を聞くプロ”であるカウンセラーに
話すことがとても有効なのです。

カウンセラーは否定的なことを言う人は少ないです。
まぁ中には厳しいことをおっしゃる先生もいるかもしれないけど。

身近な人に気を遣ってしまって
本音を誰にも打ち明けられないなら
カウンセリングを早めに利用してみて。

溜め込みすぎるともっとつらくなる。

私も敏感気質だから自分の悩みを
身近な人に相談するなんてまずできません!!(笑)
だって知られたくないもん・・・

カウンセラーって良くも悪くも他人です。
利害関係がないから本当のことが言えて
すっきりします。受け止めてくれるし。

私は以前カウンセリングを利用したとき
「全然知らない人で良かった」って思いました。
知らない人だけど「がんばってるね」って
「間違ってないよ、大丈夫」って
言ってもらいたかったんですよ。

知ってる人だったら「えー、おかしくない?」とか
求めてないのに意見してきたりとかするじゃん(笑)

やっぱりプロに相談するのが手っ取り早いよ。
これは私自身も感じたことです。

HSPの人ほどカウンセリングを利用して!!

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪