育児ストレス悩み相談室の若狭春奈です。(プロフィールはこちら

突然ですが私の母が私に教えてくれた
子育て中に思っていた本音をいくつか紹介します!!

①泣き声が苦痛。窓から捨てたいと思った

なんといってもコレですよね~!
悠長に言えることじゃないけど
これが本音だったっていうこと。
もちろん四六時中そう思っているわけじゃないけど
理想と現実は違って本当にツラかったみたい。
「でも実際に捨てたりはしない。それが親よ」
だそうです。

②お菓子は隠れて食べていた

私の家はおやつは10時と15時と決まっていて
ジュースもダメで結構厳しかったんだけど
母は隠れてお菓子食べていたそうです(笑)
威厳を保つのも大変ですよね。

③冬休みや夏休みほど面倒だった

私も夏休みに限ってラジオ体操で早起きしなきゃいけないのとか
面倒だと思ってたけど
母も普段は給食なのに毎日昼ご飯用意するのが
面倒だったみたいです。そりゃそうだよね。
自分一人だったらカップラーメンでもいいけど
子どもがいると毎日それってわけにいかないし。

④社会から疎外されたようで孤独だった

私の母は専業主婦だったから
働いてるころと比べると孤独だったみたい。
しかも社交的なタイプだから
家に子どもと二人っていうのも嫌だったと思う。
だからPTAのクラスの代表やったり
ママ友を家に呼んでお茶会したり
そういうとこで社交性発揮してました。

 

どれもこれも時が経てばなんてことないと思うらしいけど
その当時はこんな日々がいつまで続くかわからないし
不安でいっぱいだったそうです。

自分の親とこういう話ができるっていうだけでも
私は恵まれてるなって思います。

自分はこんなに頑張ったんだから
あんたも出来て当たり前!!
みたいなマウントとってこないし
プレッシャーもかけてこないんですよ。
まぁ私が保育士としてたくさんの子どもの相手をしたり
悩みを聞く仕事をしているからっていうのも
あると思いますけどね。
一応私に対してリスペクトしてくれているみたい(笑)

私の母のように子育て中に
嫌悪感を抱くようなことがあっても
窓から捨てたいと思うようなことがあっても
子どもはちゃんと育っていきます。
実際私はなんの問題もなく育ってるし。

でも、これ以上耐えられないかも・・・
そう感じることがあれば誰かを頼りましょう。
全然恥ずかしいことでも悪いことでもないです。

心理カウンセラーの若狭春奈ってどんな人?

興味を持っていただけたらこちらもどうぞ。 https://peraichi.com/landing_pages/view/papamamacounseling

登録無料!LINE@

LINE@ご登録で限定動画「SNSとの付き合い方講座」を無料プレゼント!ストレスケアに役立つ情報も配信中!カウンセリングに申し込むのはまだ迷う・・・。そんなあなたはぜひLINE@からお役立ち情報をゲットしてください。お問い合わせやカウンセリングのご予約も便利なLINE@からどうぞ!!登録は無料です!!
友だち追加