育児ストレス悩み相談室の若狭春奈です。(プロフィールはこちら

来年の秋から幼稚園、保育園の無償化が
正式に決定したそうです。
全国的に利用しやすくなりますね!!

でもネットの反応を見ると、無償化より
「保育士の待遇改善を!」
「保育の質の向上を!」
「保育園、保育士不足の改善を!」
という声が圧倒的に多いです。

実際に預ける施設、預かってくれる保育士がいないと
どんなに無料だと言っても利用できない。

保育士不足の背景には
離職率の高さがあり、
その原因が給料の安さである
というのは周知の事実。

私も保育士の頃は臨時保育士だったので
時給800円で働いていました。
その時給も徐々に上がっていきましたけどね。
それでも時給800円って学生バイトみたいですよね(笑)

保育士とハイタッチする赤ちゃん

ただ、深刻な待機児童問題を前に
政府だって何もしてないわけじゃないです。

2017年から保育士待遇改善のために
新役職制度を開始し、
中堅保育士で月額4万円のアップになる制度と、
そのための補助金が始まってます。

新役職とは今まで保育士から主任保育士になるには
とても長い年数がかかってしまていたので
主任になるまでの間に
副主任や専門リーダーなどの新しい役職を設置して
その役職の先生にプラスでお給料を支給する仕組み。

でも、実際その補助金を申請するかも
補助金をどのように分配するかも
結局は園の経営者に任されてます。

規定では役職に就いた人の約半数に4万円を支給すれば
残りは他の職員に配分しても良いことになっていて
実際に「お給料が増えた!!」という
実感を得られていない先生も多いのかもしれません。

そう、すべては経営者次第なのですよ。

保育園の運営は保育料と補助金でされています。
でもその運営費をいくら人件費に回すかなんて
経営者が決めることです。

昇給までに時間がかかりすぎるために
離職してしまう保育士は多い。
その代わりに若い保育士を安い賃金で雇う。

結果、長く続けてもらうより
新人を採用した方が経営者が得をする。

何この仕組み!?

政府は対策をしてくれてるのよ。
外野がギャーギャー言うより
現場の先生たちがストライキでも起こした方が
問題提起できるような気がする・・・。

でもたぶん先生たちはそんなことしないよ。
だって子どもたちが困るもの。

なんかひたすらモヤモヤするよね。

 

登録無料!LINE@

LINE@ご登録で子育てや人間関係に役立つ「リフレーミング表」を画像データでプレゼントしております。ストレスケアに役立つ情報も配信中!カウンセリングに申し込むのはまだ迷う・・・。そんなあなたはぜひLINE@からお役立ち情報をゲットしてください。お問い合わせやカウンセリングのご予約も便利なLINE@からどうぞ!!登録は無料です!!
友だち追加