育児ストレス悩み相談室の若狭春奈です。(プロフィールはこちら

今日もお疲れの皆さん。今日一日でどのくらい笑いましたか?
大人になると笑う回数ってすごく減りますよね。
学生時代は些細なことでよく笑っていたのに。

笑うのってとても良い効果があります。
笑顔になると脳内からどんどんハッピーホルモンが分泌され
明るい気持ちになっていくと言われています。

じつはリアルに笑っている必要がなく
作り笑いであったとしても同じような効果が得られるそうです。

笑顔になっていると脳は
「あ、笑っているんだな。楽しいんだな」
と、勝手に認識してハッピーホルモンである
セロトニンを分泌するらしいんです。
意外と単純ですよね(笑)

だから作り笑いでもOK!
コツは口角を上げること。
そうすることで脳が「笑顔になってる!」
って認識してくれます。

このセロトニン、ストレスによって
分泌が阻害されてしまうんです。
セロトニンと言えばうつ病にも関連しているものですよね。

うつ病の原因は脳内のセロトニンが不足することだと言われています。
ストレス過多になるとセロトニンが不足してしまうんです。

明るい気持ちになりたい!!
って言って、いきなり気持ちを切り替えるのって
難しいですよね。
だから行動から変えてみるんです。

「嬉しくて楽しくて笑う」のではなく
「笑うから嬉しい楽しい」に変えてみる。

作り笑いするなんてむなしいと思う方は
この際口角を上げるエクササイズのつもりではいかかが?
ほうれい線予防だと思って口角を上げてみよう!

 

登録無料!LINE@

LINE@ご登録で子育てや人間関係に役立つ「リフレーミング表」を画像データでプレゼントしております。ストレスケアに役立つ情報も配信中!カウンセリングに申し込むのはまだ迷う・・・。そんなあなたはぜひLINE@からお役立ち情報をゲットしてください。お問い合わせやカウンセリングのご予約も便利なLINE@からどうぞ!!登録は無料です!!
友だち追加