育児ストレス悩み相談室の若狭春奈です。(プロフィールはこちら

みなさんは子育てをしていて何か困りごとがあったとき
どうしていますか?

ネットや育児本で調べてみますか?
それとも誰かに相談していますか?

最近は情報が手軽に手に入るし、
ママ同士の交流もネットを通じて頻繁にできるし
行政の相談窓口もあります。
心強い味方がたくさんいますよね。

そのはずなのに、ネットでも相談窓口でも
傷ついた経験のあるママは意外に多いんですよ。

ネットは言わずと知れた匿名性から
心無い言葉を浴びせられてしまうことがあります。

それ以外にも保健師さんや保育士といった専門家に相談した際
自分の育児の仕方を否定されたり
SOSサインに気付いてもらえずきついことを言われたり
相談したことによって落ち込んでしまう場合もあるようです。

悩んだら一人で抱え込まないで誰かに相談しましょう!
相談することで心が軽くなります!!
というのは常套句なのですが
それに従って相談してみた結果、余計に落ち込んでしまった。
それでは本末転倒ですよね。でも実際によくある話です。

子育てに疲れて子どもにきつく当たってしまう・・・
やっとの思いで人に打ち明けたのに
「母親なのにそんなんじゃダメですよ」
「子どもは悪くないんだからしっかりしなきゃ」
「子どもと一緒にいられるのは今だけだよ」
そんなこと言われたら気持ちがくじけてしまいますよ。
そんなのわかってるから!それでもつらいから相談してるんじゃん!

確かに子どもに関する専門家はたくさんいるし
専門家の意見は参考になります。

でも子どものプロは必ずしも話を聞くプロではないんですよね。
専門的な知識をたくさん持っていて
それを伝えることも大事だけれど
一番大事なのは悩んでいる親御さんの気持ちに寄り添うこと。
寄り添うとは一緒に同じ方向を向いて支えることだと思うんです。

これがね、意外に難しいですよ。
私も保育士として様々なパパ・ママに接してきたけど
ついつい向き合ってしまいがちで
同じ方向を向いて一緒に・・・ってなかなかできない。

その点カウンセラーになってやっと本当の意味で
子育て支援ができるようになってきたかな
っていう気がしています。

知識や経験が豊富だからって
相手を否定したり批判したり上から目線でものを言ったり
それって支援とは言えないんじゃないかな。

私も専門家としての意見を求められることはあるけれど
そんなことより一人ひとりの子育てに
しっかり寄り添っていきたいなって思っています。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪