育児ストレス悩み相談室の若狭春奈です。(プロフィールはこちら

子どもを怒ってしまって自己嫌悪・・・
というお話は本当に多いですよ。
こんなに怒りたくないのに、なんで怒ってしまうんだろう。
こんなに怒りっぽくなかったはずなのに。

子どもが生まれるまで人に対して怒るなんてほとんどなかったという方も多いですよ。
どうして子どもが生まれたとたんにこんなにイライラしてしまうのか。

やっぱり子どもが生まれると責任感が芽生えるのが母親なんですよね。
しっかり立派に育てなきゃ!と気負ってしまうから
小さなことでもつい怒ってしまいます。

父親にも責任はありますが、出産を経験している母親の方がより責任を感じやすいようです。
だからパパはつい子どもを甘やかしてしまったりするし
おじいちゃんおばあちゃんは完全に甘々ですよね(笑)
優しいパパやじいじ・ばあばがいつもおいしいところを持っていく。
だからママは余計にイライラしちゃう。

怒りをコントロールするアンガーマネジメントには
怒らないようにする方法が様々ありますが、
それらを試しても結局怒ってしまった。
そんなときはアフターケアをしっかりしてあげましょう。

「○○したかったんだね」と子どもの気持ちを受け止めてあげます。
頭ごなしに怒る前に受け止めてあげることができると良いですが
それができずにすでに怒ってしまったらアフターケアしてあげて。

私が保育士時代にやっていたのが
「先生も同じことでママによく怒られてたよ」
と、こっそり教えてあげることです。

私は全然完璧な人間ではありません。
子どもの頃は毎日怒られていました。
ある日気付いたのですが、私が子どもを叱る時って
母親に言われたことと同じことを言っているんですよね。
ということは、自分も同じことで怒られてたということじゃないですか。

人のこと言えないじゃん・・・と自分で気付いたとき
なんかもうおかしくなっちゃったんですよね。

そうだよね。
大人だって間違うときがあるし、最初からできていたわけじゃない。
大人のダメなところも教えてあげて
失敗しても怒られても大丈夫だよって言ってあげるのもいいかな。
そう思ったんですよね。

やってはいけないことは当然あります。
だから怒られることもあります。
でも怒られたら人生終わりかっていうとそうじゃない。
同じことを繰り返さなければいいだけのこと。

失敗して怒られて立ち直ることも大切なプロセスです。
怒りっぱなしではなくアフターケアをしてあげることで
自尊心を傷つけないようにしてあげます。

ただ「怒ってごめんね」と言うだけで
怒った側が悪かったということにしてしまうと
子どもが混乱してしまう可能性があります。
悪いことは悪いと教えてあげる必要がありますからね。

まとめると

頭ごなしに怒ってしまったら・・・

  • 「○○したかったんだね」と受け止めるなどアフターケアする。
  • 怒ったことをなかったことにしない。

アフターケアをしているうちに
頭ごなしに怒ることも減っていくと思います。
怒ることがなかなかやめられないのであれば
まずはアフターケアすることから始めてみましょう。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪