育児ストレス悩み相談室の若狭春奈です。(プロフィールはこちら

先日、以前働いていた会社の人たちの結婚式に参列してきました。
以前働いていた会社というのが私の場合特殊でして・・・(笑)
芸能プロダクションの所属アーティストの結婚式だったんです。
なかなかそういうつながりの結婚式ってないですからね。

地元秋田を拠点に活動しているタレントさんや
東京で活動している方も多く訪れ、とても華やかな会場でした。
こんな式、二度と参加できないのではないかしら?

余興もすごく豪華で本格的な歌やダンスのステージパフォーマンス。
もはやディナーショーのような余興でした。
ご祝儀の他におひねり渡したいと思ったくらい。
来た人を楽しませたいという新郎新婦の想いが伝わる最高の披露宴でしたね。

大変満足したわけですが、別にそういう披露宴をやれというわけじゃありません。
結婚式や披露宴は新郎新婦のためのものなので
本人が満足すればそれでOKなのだと思います。
ただ、「人を楽しませたい」という気持ちはすごく大事だと思うのです。

アドラー心理学で有名なアドラー先生もおっしゃっていますが
人を楽しませることを考えていると憂鬱な気持ちはなくなっていく。
結局自分の気持ちが内側に向いて自分のことだけを見ていると
だんだん孤独になっていくし、憂鬱にもなっていくんです。

でも自分のことで精一杯なときって人のことなんか構っていられないですよね。
だからこそ、そういうときこそ、
人を楽しませることを考えられようになるといいですね。

ではエンターテイナーは憂鬱になることはないのかと言うと
絶対にそうではありません。
人目にさらされるということはとてもストレスです。
人目を気にすると心がすり減っていきます。
ここを乗り越えることが重要ですし、難しいですよね。

私自身も以前は演劇をやっていて、
いつも「人を楽しませたい」と思ってきました。
そしてその思いが今も根底にあると思っています。

実は楽しい空間に行くことで癒されるというよりは
自分が楽しませる側にいたほうがストレスケアになる。
このことに気付いている人は少ないかもしれませんね。

無料!LINE@友達登録

毎週月曜コラム配信
7/13~アサーティブコミュニケーションについて配信予定♪

限定動画URLプレゼント
リフレーミング表プレゼント
お問い合わせもLINE@からお気軽にどうぞ!

  スマホの方は下記ボタンをクリック♪
友だち追加
PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪