育児ストレス悩み相談室の若狭春奈です。(プロフィールはこちら

よく聞くお話ですが、「パパが全然育児に協力してくれない!!」というママたちの不満。いわゆるワンオペ育児の問題です。

パパが単身赴任とかそういう事情があるわけでもないのに、とにかくパパが非協力的で「同じ親なのに・・・」という不満を抱えているママはとても多いです。

いるのにやってくれない。これはイライラしてしまいますよね。それで子育ての責任を全て押し付けられた日には発狂しそうです(笑)

でも世の中のパパが全員育児に非協力的というわけではないですよね。人それぞれと言えばそれまでですが、私が見てきた中でパパが積極的に育児に参加してくれてる家庭って、ママの舵取りが絶妙なんですよ。

パパはちょっぴり不安なのだ

山本五十六さんの名言があります。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」

これに尽きるのではないかと思います。パパもやる気がないというよりは自信がないみたいなんです。オムツ替え一つとっても上手にできるかどうか不安だし、子どもに泣かれてしまったらどうしよう・・・と心配にもなる。

でもはっきり言ってオムツ替えでも泣いている子をあやすでもなんでもやってみないとできるようにはなりません。これは保育士の私も大きな声で言いたい。最初から上手にできる人なんていません!!私も出来なかった!!!そしてめっちゃヘコんだ。

だからとにかくやってみて、成功体験を積んで自信に変えていくしかないの。そこらへん、ママは自分で産んだという実感と責任感が強いからか、なんとかやってみようとがんばるんです。努力するから上達していく。

パパも同じようにとにかくやってみるしかない。でも失敗を恐れる気持ちが強いほど、なんとか避けて通ろうろしてしまう。もしかしてプライドの高い完璧主義なパパほど恐れの気持ちは強いかもしれませんね。

ここまで読んで、ママたちは「はぁ~、男ってしょうもないわね」って思うかもしれません。でも、パパだって失敗は嫌だし、ママの前でかっこいいとこ見せたい気持ちがあるし、とにかく下手なことするよりだったら何もしない方が傷つかずに済むと思ってしまいがち。

どうか責めないで上手に舵取りして伸ばしてあげてもらえたらなって思います。それこそ山本五十六さんになったつもりで。部下を育てるつもりで。

ママは余裕が欲しい

でも、どうしてそれが上手くいかないかって、産後のママは自身の体調のこともあって余裕をなくしがちです。自分のこと、子どものこと。それに加えてパパのことまで世話を焼かないといけないなんて・・・とてもじゃないけど気が回りません。だから何も言わなくてもやって欲しいと思っちゃう。

家族の問題だから自分たちで解決しなきゃ!そう思うことも悪くはないけど、パパとママだけではどうしてもカバーしきれないことがあるんですよ。それは全くおかしいことじゃない。ダメなことでもなんでもない!!

堂々と周りを頼っていいんですよ。子育て支援のサービスでも、家事代行でも。そしてその中の一部分として、カウンセリングという方法もあるよって覚えておいて欲しい。

なんてったって、家で子どもと二人だけという生活を続けていたら大人と話す機会が減ってしまうし、心を軽くするには人との会話が有効なんですから。もちろんその会話の相手がパートナーだと尚良いです。それが十分にできないときは外注していいのですよ。

登録無料!LINE@

LINE@ご登録で子育てや人間関係に役立つ「リフレーミング表」を画像データでプレゼントしております。ストレスケアに役立つ情報も配信中!カウンセリングに申し込むのはまだ迷う・・・。そんなあなたはぜひLINE@からお役立ち情報をゲットしてください。お問い合わせやカウンセリングのご予約も便利なLINE@からどうぞ!!登録は無料です!!
友だち追加