パパママ悩み相談室の若狭です。(プロフィールはこちら

保育士の悩みと言えば、「お給料が少ない」とか「仕事が重労働できつい」とか「先輩や保護者との人間関係」とかそういうものがよく知られていますよね。私も保育士だったことを話すと「やっぱり仕事大変でしたか?」と聞かれます。仕事は何をしても大変なのに、保育士だけ特別大変なイメージが独り歩きしているような・・・そんな印象さえあります。

あまり知られてはいないし、保育士不足の原因になるほど深刻な悩みではないかもしれないけど、地味に多くの若い保育士さんが悩んでいることとして「出会いがない」ということが挙げられます。

「たかがそんなこと・・・」と思うことなかれ!!本当に出会いないんですから。保育士は言わずと知れた女性の職場。最近は男性保育士の方も増えてはいますが、まだまだ女性だけの園も多いです。小規模であればなおさら職員数は少ないですからね。そして外部との付き合いもほとんどありません。たまに研修で外に出るくらい。閉鎖的な環境で仕事をしています。

帰宅後も仕事を家に持ち帰る先生も多く、なかなか遊びに行かない。これでは出会えるわけないですね。保育士になる前の学生のうちに出会っておくしかありません。

私は保育士はもっともっと社交場に出向くべきだと思っています。異業種交流会とか街コンとか、セミナー受講とか習い事とか。とにかく保育以外の仕事をしている人とたくさん交流した方がいいです。その方が視野も広がって楽しいし、保護者対応にも役立ちます。

私は職場の飲み会は秒で断りますが、友達からの誘いはなんとしてでも参加する精神で行動していました。職場の親睦も大事ですけどね。同じ職場の人たちとばかり一緒にいても発展性が見られないし、親睦は職場で深めればいいかなと思っていました。仕事が終わったら私人になっていいんですからね。

出会いがないからって諦めないで!なんてったって保育士という肩書はとてもモテるんです!!本当に!!女性にとって「子ども好き」「世話好き」なイメージを持たれることはかなりプラスです。(男性保育士さんはまたちょっと違うかもしれません・・・)

繰り返しになりますが、仕事が終わったら私人になっていいのです。仕事に何にも役に立たない趣味を持ったっていいんですよ。常に保育関連の勉強をしているのもすごいことかもしれませんが、遊んだっていいんです。それに子どもの生活は遊びです。だいたいの遊びが保育の役に立つはずなので大丈夫です(笑)

プライベートの充実は仕事を継続する上でとても重要です。むしろ仕事より重要です。プライベートが充実しているからこそ仕事も頑張れるというもの。仕事というのは生活のほんの一部であって、すべてではありません。

私が働いていた保育園の園長の言葉ですが「魅力的な遊び、魅力的な環境、その前に魅力的な保育士であれ」です!内からにじみ出る「この先生おもしろそうだな♪」感は、仕事でいっぱいいっぱいでは発揮できません。もっと外に目を向けましょう!その方がずっと楽しいし、出会いも多くなります。

そんなこと言ったって時間がない!仕事も家に持ち帰らないと終わらない!休みの日は疲れて動きたくない!そんな先生は心が忙しくなっているのかも。一度自分の気持ちを整理して、心の忙しさを落ち着けてみましょうね。いつでもご相談ください。

【保育士向け無料メルマガ】

自信をなくしたあなたのための自信回復セッション