育児ストレス悩み相談室の若狭です。(プロフィールはこちら

「思考は現実化する」とか「イメージできることは実現できる」とか、自己啓発の書籍などでもよく書かれていることですが、実際のところどう思いますか?なんとなくスピリチュアルっぽくて論理的じゃないよなと感じますか?

私はスピリチュアルのことはよくわかりませんが、ものすごく具体的にイメージができることは実現しやすいと思います。スポーツ選手はよくイメージトレーニングをすると言いますが、成功するイメージってとても大事だと思います。

ただぼんやりと思い描くのではなく具体的というところがポイントです。「こうやったらこうなるから成功する」と、筋道立ててイメージができたら実際その通りにするだけですからね。

スポーツをする人は、スポーツしている人の映像を見るだけで実際にその動きに必要な筋肉が刺激されているというデータがあります。どの部分の筋肉を使っているのか映像を見ただけでイメージ出来て脳が指令を出すようです。

そういえば私も少しだけダンスをやっていましたが、テレビで激しいダンスを踊っている映像を見ると「あぁこの動き腹筋にくるわぁ」となんとなく思うことがあります。

イメージができればそのとおりに行動できるようになる。これは活用しない手はないですよね。

逆に全くイメージができないことを行動に移すのってとても難しく感じませんか?私は運動音痴なので早く走れる自分なんて少しもイメージできません。実際に早く走れたこともありません(´;ω;`)

さて、ここからは子育ての話。パパが子育てをするのってまだまだ少数派のように捉えられている風潮があります。実際はパパもママも同じ親なのですから、同じだけやるべきだとは思います。

ところが、どうしてもパパは苦手意識を持っている場合が多いです。やりたい気持ちはあるのに。どうしてもうまくできるかんじがしない。そう、イメージできていないんです。パパが積極的に育児をしているイメージです。

よく考えてみると私自身も父が積極的に育児をしている姿ってイメージできないんです。子どもの頃のことなんて覚えていませんが、それでも母が私を育ててくれたことははっきりイメージできます。記憶ははっきりしませんが恐らく母は一生懸命子育てしてくれただろうなというイメージです。

実際私の母は専業主婦だったので育児は主に母がしていたとは思います。でもどちらかというと”育児は母親がするもの”という先入観が私にそういうイメージを植え付けているからなんじゃないのかなとも思うわけです。

この記事を読んでいる人の中にも”育児は父親も母親もするべきだ”と思ってはいるものの、”育児は母親がするもの”というイメージを持っているという方がいると思います。そう教わってきたらそういうイメージを抱きますよねそりゃ。

でもイメージは自分で書き換えることができます。想像力の問題なのですから。今まで”育児は母親がするもの”というイメージしか持てなかったのなら”父親も育児をしている姿”を具体的にイメージしてみたらいいです。

想像するだけならタダです(笑)その上で「あれ?こういうときどうしたらいいのかな?」という疑問が出て来たら調べればいいのです。

苦手意識を持てば持つほどうまくいきにくい。成功するイメージを持って「できる!」って自分に言い聞かせてみて。大丈夫です。人はイメージできることは実現できるのですからあなたにもできますよ。

自分がイメージしたい理想の人たちと一緒に行動してみるのもいいですね。朱に交われば赤くなる。それはイメージがしやすい環境に自分の身を置くことでイメージの書き換えができるようになるからです。育児に積極的に参加する父親像をイメージしたいのなら、実際にそうしているパパたちと交流するのが一番手っ取り早い。

気を付けたいのはネガティブなイメージだって実現しやすくなってしまうこと。悪い方に行くイメージばかりしていると実際にそうなってしまいます。楽観的過ぎるのも危ういですが、プラスに働くイメージを持っている方が気持ちは明るくなりますよね。

想像力はあらゆるところで役に立ちます。他人の気持ちを考えて行動できるのもイマジネーションが働くからです。想像するだけならタダ。さっそくうまくいくイメージをしてみましょうね。

 

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪