育児ストレス悩み相談室の若狭です。

ネットニュースに20代~40代のうち「夫の仕事が原因で離婚したい」

と考えている人は12%との調査結果が出ていました。

http://a.msn.com/01/ja-jp/AAxM3os?ocid=st

給料が少ない、残業が多いなどの理由が挙げられているそうです。

 

ママはもっとパパに育児参加をして欲しい。そう思っている人が多いです。

これは私がカウンセリングをしていても本当に多い意見。

残業をしないで早く帰ってきて欲しい。

休みをもっと取って欲しい。

そう思っているんですよね。

 

でも、残業せずに休みもたくさん取っていたらどうなるでしょう?

残業代はもらえません。

休んだ日の分は仕事の成果は上がりません。

もっとお給料を稼いできて欲しいと思っているのに。

 

パパの立場にしてみると板挟みですよね。

仕事をがんばればがんばるほど家庭を大事にして欲しいと言われる。

でもお金を稼がないと愛想も尽かされてしまう。

どうしたらいいの~!!!!!ってなりますよね。

 

時短で働いてもお給料が減らない仕組みになればいいですが

成果が上がらないのにお給料だけ渡していたら会社がピンチです。

有給休暇は労働者の権利なので保障されなければなりませんが。

私は今一人で仕事をしているので、自分が仕事をしなければ当然売り上げはゼロ。

なので、休まれたら困る!働いてもらわないと困る!っていうのもわかります。

 

この問題は難しいですね。

結局人は皆ないものねだりです。

ここで、私も人から教えてもらった言葉ですが

「足るを知る」という感覚が大事になると思います。

 

向上心は大事ですし、持ち続けるべきものです。

でも、今あるものに感謝をすることも大事なことです。

 

ささやかだけど当たり前のことに感謝をする気持ち。

仕事があること。

家族がいること。

帰る家があること。

当たり前のことすぎて見過ごしがちなことにスポットを当てます。

格差社会とは言いつつも結構な人が恵まれているんですよ。

 

私たちはついつい他人と自分を比べてしまいます。

よその家はもっといい暮らしをしている。

よその旦那さんはもっと育児してくれている。

よその奥さんはもっと家事をしっかりやれている。

 

そうやってよその家と比較しているとキリがありませんよ。

だってこの世には高額納税者や億万長者と呼ばれる人がいて

私みたいな一般人がビルゲイツのような暮らしなんてできないんですから。

(いや、この先のがんばり次第かもしれないけど・・・笑)

ようするに上には上がいる。

上を目指すのは悪いことではないけれど、

人生を共にするパートナーを選ぶ決め手ってそこじゃなかったはず。

 

今あるものに感謝する「足るを知る」という感覚。

これを身につけると本当にラクですよ。

それでもモヤモヤが消えない。

感謝できない。むしろ我慢していることが多い気がする。

そういうときは一人で考えていないでご相談ください。

考えは声に出した方がすっきり整理できますよ。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪