育児ストレス悩み相談室の若狭です。

最近大学のスポーツで悪質なプレイをさせたとして

メディアが取り上げている事案がありますね。

もしも我が子がこんな目に遭ったら・・・

悪質なプレイをされた側もしてしまった側もいたたまれないですよね。

 

どうしてこんなことが起こってしまうのでしょうか。

今から10年前の著書でジェフユナイテッド市原・千葉の

ジュニアコーチである池上正さんが書かれた

「サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法」を読みました。

今から10年前ですよ。

10年も前から池上さんは

少年サッカーは勝つことより楽しさを味わえるようにするべきだと書かれています。

 

スポ少に指導に行くと、監督が檄を飛ばして

上手い子ばかりを試合に出場させたり

保護者が子どものプレイに一喜一憂して

負けたらあからさまに落ち込んだり子どもを責めたりしていたそうです。

 

これで子どものモチベーションが上がるわけがないし

サッカーが好きになるよりむしろ嫌いになってしまうのではないかと思うんですよね。

世界で活躍するスポーツ選手も

初めてその競技に触れたときの指導者は

厳しい指導ではなく、楽しめるように指導している人ばかりだといいます。

厳しくしたら上手くなるわけではないんですよね。

 

サッカーが好き。

だから楽しい!だから上手くなりたい!

そういう気持ちにつなげていく指導が必要になります。

指導する側の大人に楽しもうという意識がないと

子どもの中に気持ちを育てていくのは正直難しいです。

スポ少の指導や子どもにスポーツをやらせたいなと思っている方には

おススメの本なのでぜひ読んでみてください。

 

まぁ上記は小学生の話ですから、中学・高校・大学では勝つための指導や

強くなるための指導がされるとは思います。

でも、学校の部活はあくまでも教育の一環。

だから教育的意義がないといけません。

勝つことは大事ですが、勝つことが目的ではないんですよ。

 

で、これも難しいですが指導する側の私たち大人が

学校教育で勝つことだけを念頭に指導されてきているのだとしたら

子どもたちにもそういう指導をしてしまうんですよね。

 

児教育は経験カリキュラムですから

ルールのある遊びでもなんでもまずは”楽しさを味わうこと”に重点を置きます。

できるようになることや上手くなることは二の次。

できる・できないの評価はしません。

 

なのに学校に行った途端に評価されてしまいますからね。

これは苦手意識を強くしますし、個性も大事にしてもらえない。

私自身が運動音痴だったので学校の体育の授業は苦手そのものでした。

やる気も起きないし。

 

幼稚園の頃は苦手意識はなかったんですよ。

私、6歳のときに交通事故で大腿骨骨折をしているのですが

治りきっていないのに運動会に出たくらいです。

今だったら「足の調子が・・・」とか言い訳して絶対欠席します(笑)

できる・できないの評価はせず、楽しむ気持ちを育てるというのは

結局のところ言い訳しないでがんばる気持ちを育てることにもつながります。

幼稚園の先生には本当に感謝しています。

 

勝ちにこだわって指導することもときには大切かもしれない。

でも根底に「好きな気持ち」「楽しむ気持ち」が育っていないといけない。

そうでないと努力する気持ちやフェアプレイの精神が育ちません。

 

今はスポーツ観戦がとても好きなのですが

勝敗にこだわらないで観れるようになったほうが絶対おもしろいですよ!

子どもに将来スポーツをやらせたいな。

そんな方はぜひぜひ一度ご相談ください。

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪