育児ストレス悩み相談室の若狭です。

新年度が始まって、お子さんが保育園や幼稚園に行き出して

どうでしょうか?すんなり行っていますか?

 

心配したほどぐずらなかったという子もいますし

初日から毎日泣いて登園してるという子もいますよね。

どちらがいいとかいう話ではありませが

すんなり離れてくれた方が大人はラク。

でもあまりあっさりバイバイしちゃうとなんかさみしい。

大人は本当に自分勝手な生き物です(笑)

 

初めて入園したわけじゃないのにこの時期になると

登園を嫌がったり不安定になる子もいます。

新しいお友達が増えたり担任の先生が変わったり環境が変わる時期です。

子どももストレスを感じる時期なんですよね。

でもそれも一過性のものだと思えば大丈夫。

保育園の先生からすると”あるある”なのできちんと対応してくれます。

 

こういう時期にはあまり無理をさせずゆっくり関わってあげられるといいです。

今までできていたことが急にできなくなったりしますが

ちょっと大目に見てあげて。

「おにいちゃんになったんだから!」とハッパをかけたくなる気持ちはわかりますが

甘えたくなってしまうときがあるものです。

大人だって「今日は掃除したくな~い!」って思うときありますよね。

それと同じようなものだと思ってください。

たまに手を抜きたいじゃないですか(笑)

 

「そんな日もあるよね」「そういうときもあるよね」

と、なんでも楽観視するのも注意しなければいけませんが

ちょっと子どもが不安定になったときに

「育て方が悪いのかな・・・」と極度に心配する必要はないと思うのです。

だいたい最近出回っている情報は「子どもは育て方次第」とビビらせすぎ。

確かに育て方は大事ですが子どもには子どものアイデンティティがあることをお忘れなく!

子どもは親の一部や所有物ではありません。

個として人格を持っているのです。

だから「子ども次第」でもあるのです。

 

自分の問題と他人の問題を分けて考える。

これはアドラー心理学でも重要だと言われています。

親の問題と子どもの問題は別なのですよ。

子どもの問題を自分の問題だと思ってなんとかしようとする。

それが悩みの種になるし、子どもが自ら乗り越える機会を奪うことにもなる。

 

保育園に入園するのは親の事情が主となるかもしれません。

「自分のせいでつらい思いをさせている」

「なのに登園にぐずるとイライラしてしまう」

そんな無限ループから早く脱しましょうよ。

うまくいかずに悩んでしまったら

「それは自分の問題?それとも他人の問題?」

と自問自答してみましょう。

他人の問題だとしたら放っておいてもいいや・・・ではなく

自分にできることはあるかな?と再度考えてみればいいのです。

自分を責めているよりよっぽど建設的!!

 

なにはともあれ、登園のぐずりは一苦労だけど慣れるまでの辛抱です。

わかってるけどつらい~!っていうときはご相談くださいね。

 

 

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪