育児ストレス悩み相談室の若狭です。

今日はとてもわかりやすくていい動画を見つけたのでシェア!!

産後うつのココロの支え方ということで産婦人科医の先生のお話です。

3分以内に終わるので一度見てみていただけるとうれしいです!

 

この先生のお話によると、パパの育児や家事におけるサポートうんぬんよりも

とにかくママの話を聞いてあげて、ママのことを認めてあげる。

そういう精神的なサポートが大事だとおっしゃっています。

実際にそういうデータが出ているとのことです。

 

最近流行り(?)のイクメンという言葉。

育児を積極的に行う男性のことをそのように言いますが

産後うつにならないためにっていう意味で言うと

赤ちゃんのお世話を手伝ってくれるよりも、

ママのことを精神的にサポートしてくれる方がありがたいということですね。

 

昨年行った「つるの剛士さんのトークショー」でも同じことをおっしゃっていました。

奥さんの一番の理解者でいることが子育てにいい影響を与えてると思うって。

 

ママになって、家にいる機会が増えるとどうしても外とのつながりが少なくなりがち。

仕事をしていれば成果を上げて認めてもらうこともできていたのに

ママとしてのがんばりは誰からも評価されない。

むしろ母親なんだからやって当たり前のような目で見られる。

これはつらいですよね。

 

そこを一番近くにいるパパが「ママがんばってるね。ありがとう」と

一言声をかけてあげるだけで全然違う!!!

 

ただ日本人の特徴なのかなんなのか

褒めることが苦手という人は多いです。

照れくさいんですよね。シャイなのですよ、特に男性はね。

だから「褒める」必要はないと私は思います。

 

え?必要ないの?今までの話なんだったの?

と思われますよね(笑)

「褒める」という行為はそもそも

上下関係で上の人から下の人に向けて行われることなんですよ。

夫婦は上下関係じゃないですよね。対等なはず!!

だから「褒める」のではなく「認める」のです。

改まって言わなくてもいいんです。

「今日も赤ちゃんの面倒一日みてくれたんだね(^-^)」

くらいなかんじ。

SNSに”いいね”つけるくらいなかんじ。

 

そこから慣れていきましょうよ。

慣れてきたらママが喜びそうな言葉を考えてみます。

毎日認める言葉をかけていたら自然とママの喜ぶ言葉を言いたくなりますよ。

相手が喜ぶ顔を見ると自分までハッピーになりますよね。

 

そういうの苦手だな・・・というパパはぜひご相談いただければ。

ママが産後うつになって赤ちゃんの面倒も見れない、家事も出来ない

ってなったらパパだって困るじゃないですか。

精神的なサポートが上手にできるパパって素敵だと思います。

 

難しく考えなくても大丈夫です。

もう一度言いますが

最初はSNSに”いいね”つけるくらいの軽い感じで。

 

そして今まさにつらくなってしまっているママは

パパが話を聞いてくれないのであれば

ぜひカウンセリングをご利用ください。

今「話を聞くのが苦手」だと思っているパパが

急に変わるというのは少し難しい話。

パパに「変わって欲しい」と思う気持ちはとてもよくわかりますが

他人を変えるのは難しいですし、変わってくれたとしても時間がかかります。

産後うつは放っておくと重症化することもあります。

ぜひ、そういうときは自分を大事にしてみてください。

カウンセリングを受けることは贅沢すぎることではありませんからね。

 

サービス内容の詳細はこちら

カウンセリングや託児のご依頼をお受けいたします。

オンラインカウンセリング

無料!LINE@友達登録

LINE@の友達登録で前向きになるヒントや限定動画のURLをゲットできます!
お問い合わせもLINE@をご利用いただけます!

スマホの方は下記ボタンをクリック♪

友だち追加

PCの方は下記QRコードを読み込んでね♪