お子さんを保育園に預ける時、誰でも笑顔で抱っこされる子と

この先生じゃなきゃダメ!!な子がいたりしませんか?

これ、0歳児では結構あるあるです。

私も何度も子どもに泣かれました(´;ω;`)

 

”ザイオン効果”というものがあります。

これは、単純接触効果ともいわれるもので

顔を合わせる機会が多い人に対して好意を持つというもの。

恋愛の心理テクニックなどでよく紹介されていますね。

 

子どもも同じで、特に人見知りをするようになると

自分が安心できる相手というのが限られてきます。

ちゃんと見分けがつくようになる成長の過程なので悪いことではありません。

よく人見知りが激しくて大泣きする子のママは

「すみません・・・」と申し訳なさそうにするのですが

保育士にとってはあるあるなのでそんなに気にしなくても大丈夫。

そりゃ誰にでも愛想よく懐いたら育てやすいですが

それは完全に大人の都合!!

人見知りをしっかりする子って賢い子なんですから。

 

この人見知りが永遠に続くわけではありません。

大人になっても初対面の人には人見知りする・・・という人もいますが

子どものようにギャン泣きする人はいないでしょう(笑)

毎日顔を合わせるようになると徐々に慣れていきます。

当たり前ですけど保育園で一番最初に覚えるのは担任の先生です。

接する機会が多い先生を最初に覚えて懐きます。

「この人は安心できるから大丈夫」って覚えるんですね。

 

ザイオン効果のおもしろいところは

接する”時間”ではなくて”回数”の多さがポイントだということ。

長時間一緒に過ごしても、

そのあと会う機会がなければ再会時また泣いてしまう。

「この前いっぱい遊んだじゃ~ん!!」

と言いたくなることが何度もありましたよ(笑)

 

新人保育士にとっては赤ちゃんに泣かれるって結構ショックなんですよね。

「どうして私じゃダメなんだろう」って本気で落ち込む。

でもそういうものなので徐々に距離を縮めるようにした方が無難。

早く懐いて欲しいからって、泣かれても無理矢理抱っこしたり

嫌がるのに傍にくっついて遊んだりはしないほうがいいです。

適度に距離を取って

でもすぐに手を貸せる距離にいつもいて見守る。

この距離感が大切。

難しいんですよね。私も苦戦しました!!

 

先にも述べましたがザイオン効果は恋愛テクニックとしても有名。

自分の意中の人がいたら、その人と接する機会をたくさん持ちましょう。

過ごした時間の長さではなく、回数の多さが決め手。

遠距離恋愛は難しいと言われますが、

接する機会を増やせないことは一因とも言えますよね。

 

あらゆる場面で活用できるザイオン効果。

覚えておくと便利ですよ♪

 

 

 

 

========================================
ボイスマルシェ 55分で明日が変わる大人のための電話カウンセリング
公式カウンセラーとして予約受付中
https://www.voicemarche.jp/advisers/785
========================================
専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ