パパママ悩み相談室の若狭です。(プロフィールはこちら

以前「ウェルテル効果」と「パパゲーノ効果」について書きました。

報道があなたをネガティブにする?ウェルテル効果とパパゲーノ効果とは

ウェルテル効果とは、著名人の自殺のニュースをたくさん報道すると

特に若い人を中心に自殺者が増加するというものです。

これは、ゲーテの小説「若きウェルテルの悩み」に由来するもので

この小説を読んだ若者がたくさん自殺したことから名づけられています。

 

その逆がパパゲーノ効果です。

これは自殺を思いとどまったり、

つらい境遇から立ち直ったエピソードなどの報道により

自殺者を減らすことができるというものです。

 

今回はパパゲーノ効果について詳しく書いていきます。

パパゲーノとは、モーツアルトの作曲したオペラ「魔笛」の登場人物です。

作中でパパゲーノは愛する人を失った悲しみから自殺をしようとします。

それを3人の童子の助けにより乗り越えるというストーリーに由来しています。

ストーリーだけ見ているとこのパパゲーノはとても軽い感じの人なのですが

つらい状況から立ち直るというエピソードは人を明るい気持ちにさせますね。

 

オペラはあまり気軽に見る人は少ないかもしれませんが

映画やドラマでもこういうストーリーは多くあります。

 

報道による影響は、すぐに響くというよりは徐々に影響してくるように思います。

誰かの自殺の報道を1回聞いたくらいなら「悲しいな」と思うくらいかもしれません。

でも、毎日のように自殺の報道を見ていたら気が滅入ってくると思いませんか?

 

逆に毎日「つらい状況からこうやって立ち直りました!」という報道がされたら

もっとみんな希望を持って生きていけるんですよね。

 

自殺ではありませんが

例えば児童虐待の報道を見聞きすると

「まさかこんなひどいことをするなんて・・・」と思う反面

「もしかしたら自分も・・・・」とハッとすることもあるかと思います。

それが一度なら予防策にもなるかもしれない。

でも毎日のように虐待の報道がされたら相当鬱々としてくると思いませんか?

 

逆に「育児がつらくて逃げ出したかったけどこうやって立ち直りました!」

という報道が毎日されたらもっと育児に希望が持てるような気がします。

これは”立ち直った”というのがポイントかなと思います。

初めから楽勝でした♪なんて言われたらちょっと嫌な気持ちがします。

報道を見た人が「自分と同じようにつらい思いをしていた人が立ち直ったんだ」

そう思えることが大事ですね。

共感できるポイントがあると「自分も頑張ろう」と思えるんです。

 

悲しいことに報道って悪いことの方が多いですよね。

あまりパパゲーノ効果が働く機会がないのかもしれない。

きちんと心理学に基づいているのに利用しないなんてもったいない!!

と、私は思うんですけどね。

 

みなさんも情報の取捨選択、気を付けてくださいね。

もし悪い情報に影響されて気分が鬱々としてしまったら

そういうときは遠慮しないでご相談くださいね!!


*【女性限定】匿名電話相談カウンセラー若狭春奈の予約ページはこちら
https://www.voicemarche.jp/advisers/785

*男性の方・Skype相談をご希望の方はこちら
http://funlife.wp.xdomain.jp/skype

========================================
ボイスマルシェ 55分で明日が変わる大人のための電話カウンセリング
公式カウンセラーとして予約受付中
https://www.voicemarche.jp/advisers/785
========================================