2歳児になると一気に成長していきます。

保育園ではこの2歳児の保育が特に大変で

トイレトレーニング、歯磨き、箸、着替えなどなど

基本的生活習慣で獲得しなければならない項目が

やたら多いんです。

でも、これができないからといってダメというわけではありません。

2歳児の時にできなければ3歳児でできるようになればいいし

3歳児でできなければ4歳児でできればいいんですから。

2歳児は自分でやりたい!という気持ちが芽生えて

あれも嫌!これも嫌!ととにかく反抗します。

(自我の芽生えとも言います)

でも、この時期は自分で生きて行こうとする力を育む上で

とても大事なんです。

ただ、反抗に付き合う大人はひたすら大変です。

もうなんで言うこと聞かないのよ~

なんですんなりやってくれないのよ~

と、思い通りにいかない子育てにイライラしたり

こっちが嫌だわ~!こっちが泣きたいわ~!

と、根負けしそうになったりするでしょう。

本当にわかります!!!!!!私もそうでした!!!

私が保育士1年目で受け持ったのが2歳児クラス。

覚えることの多さに加えて子どもに教えることも多い。

イヤイヤされるたびにくじけそうでした。

それでも私が乗り越えられたのは近くに相談できる先輩がいたから。

新人の私にはみんなが気にかけてくれてサポートしてくれました。

落ち込んでいる私に励ましの声をかけてくれる先生もいました。

相談できる人がいるって本当にありがたい!!!

逆に相談できない環境だとしたらものすごくつらいと思います。

私は誰かに相談できないとしたら子ども相手の仕事は無理だったと思います。

たぶん最初の1カ月で心折れてました。

2歳児は本当に根気がいる年齢だと思うんです。

何でもやってあげたくなるけど、

自分でできるように援助していかないといけないし

そのへんのさじ加減も何気に難しい。

子どもが発狂するたびに私も発狂したい気持ちでした。

でももうすぐ3歳児に進級するころになると

今までのが嘘のようにしっとり落ち着いた姿になるんですよ。

トイレトレーニングも気が付いたら終了してるし

あんなにイヤイヤしてケンカばかりだったのに

クラスの子同士で仲良く遊んでるし・・・

ちゃっかりハサミも使えるようになってたり

お絵描きも顔だとわかるような絵になっていくし。

こ、こんなに成長するの!?って1年目は驚愕でした。

子どもってすごい!!!そう気づいた1年間。

2歳児は盛りだくさんで本当におもしろい時期です!

指先の発達が著しい時期です。

ハサミは刃物なので気を付けないといけませんが、

モノを作ったり、手遊びをしたり

指先をたくさん使う遊びを取り入れると発達が促されます。

簡単なルールのある遊びをしたり

なんとなく友達と遊び始めることもします。

でも、この時期の友達って私たち大人が思い描くようなものではなく

”たまたま居合わせた子”という認識をしています。

まだまだ一人遊び中心で自己中心的な考えをしています。

なので、お友達と仲良く遊べていない・・・と

あまり深く気にしすぎなくても大丈夫です。

”友達”という概念が出来上がるのはもっと先。

小学校に上がる前とか言われています。

もちろん、もっと早くに”好きな友達””気の合う友達”という

感覚が身についている子もいますけどね。

小さいうちは自分の好きな遊びを十分に楽しむことが大事です。

自分の気持ちが満たされて初めて他者に気持ちが向いていきます。

なので、自分の好きなことを我慢させて

お友達と仲良くさせよう!というのは時期的にちょっと早いかもしれません。

そしてまだまだパパやママに甘えたい時期でもあります。

気持ちを十分に満たしてあげることを忘れないでくださいね。

何よりも根負けしちゃいそうになる時期なので

相談できる相手を見つけておくことも重要です!!

身近な人に相談できない!

そんなときは、プロのカウンセラーに相談することも

検討してみてくださいね。

 

Skype・電話相談予約フォームはこちら

 

    

 

匿名でのご相談や、お試し電話相談をご希望の方は下記ボイスマルシェよりご予約ください。


専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ