カウンセラーの若狭春奈ができあがるまでを楽しいストーリーでご覧いただける記事第3話です

高校卒業後の進路として、東京の子ども向け専門の劇団に研究生として入団します。

小学校の演劇鑑賞会や地方の文化会館などで上演することが多い劇団で

今はもう活動していないようですが劇団新児童という当時日本で一番古い児童劇団でした。

初めての一人暮らしと役者としての生活。夢を着実に実現できていることに胸が躍りました。

私も地方公演に同行し、数回舞台に立たせてもらいました!!

ダンスの先生は元劇団四季の振付師の先生で、

短期間で本当にメキメキ上達した感覚!

初めはリズム感もなくかなりのヘタレでしたが、

教えてもらったことは確実に習得しようと練習してました。

先輩からも「覚えがいい!」と褒めてもらい、やればやるほどおもしろくなっていたんです。

両親からの仕送りと、セブンイレブンのアルバイトで稼いだお金で細々と生活していました。

とにかく明日どうなるかわからない生活なのでできるだけ切り詰めて。

毎日白米ともやし炒め。お昼は塩おにぎり。みたいな生活をしていたら当然ですが体がギブアップ!!

何分栄養が足りていませんから毎日フラフラ・・・顔が濡れて力が入らないアンパンマン状態。

根性のない私はすぐに諦めて劇団を辞めてしまいました。

この当時、バイト先の友達は大学生の子が多く、とても華やかで楽しそうに見えました。

地元の友達はちゃんと就職して自分の力で生活していて。

それに比べて私はなんて情けないんだ・・・と、とても悔しくなりました。

 

悪戦苦闘した就職活動と初社会人生活

劇団は辞めたけどなんとなく秋田に帰りたくない。

まだ諦めたくない気持ちと、みんなに合わせる顔がないという気持ち。

相互が入り混じってとにかく秋田には帰りませんでした。

一人見知らぬ土地で就職活動を始めたんです。

スーツはもちろん、ビジネスグッツなんて一つも持っていませんでした。

面接練習もしたことない。気持ちだけで突っ走ってました。

何社も不採用になりましたが、やっとのことで雇ってくれる会社に巡り合えました。

東京で完全手作りの婚約指輪の販売をする宝石店です。

とにかくお客様に対するサービス精神が旺盛で、親切丁寧。

ここで接客の基礎、サービス業の精神を学びました。

この会社で働いた経験がなかったら、私の応対マナーなんて本当にひどかったと思います(笑)

仕事ではミスの連続で毎日のように叱られていたのですが

そんな中でも楽しさを覚え始めていた時でした。

空気のいい田舎の秋田で育った私には東京の環境が合わなかったみたいで体調不良を起こしてしまったんです。

たいしたことはないから大丈夫だと思っていたのですが思いのほか両親が心配して

ほぼ強制的に(笑)秋田に帰ることになってしまいました。

秋田に帰ると決まってからは嬉しいような寂しいような。

身体に合わないとは言えども東京は楽しいところです。

帰る前に満喫しようと思い、仕事を辞めてからも少し遊んでいました(笑)

いつでも行けるからと後回しにしていた劇団四季のミュージカルを観に行ったり。

観れば観るほど魅かれるんですよね。やっぱり芝居はいいものなんです。好きなんです!!

秋田に帰ったらのんびりアマチュアとして演劇をやってみよう!と思うわけです。

 

人生を大きく変えてくれたアルバイト先、セブンイレブン

また、この時本当に貴重だなと思ったのがバイト先で出会った友達です。

セブンイレブンで出会った友達は本当にいい人ばかりで、田舎者の私を遊びに連れて行ってくれたり

秋田に帰るとなった時は見送りにも来てくれました。送別会ではみんな号泣してくれて(´;ω;`)

オーナーや店長も本当にいい方でたくさんお世話になりました。もはや第二のふるさと。

秋田にはこの当時セブンイレブンが進出していなかったので、

いつか秋田にセブンができたら絶対オープニングスタッフになる!!と心に決めていました。

この時から10年後・・・まさか本当にこの夢が叶うとは思っていなかったのですが(笑)

 

*********************

 

カウンセリングお申込み方法はこちら

 

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

電話相談ボイスマルシェのページはこちら

 

 

 

LINE@にて、モチベーションアップに役立つ情報を無料配信中!

友だち追加

@lmy3220j

instagram → @haru4na30
twitter    → @4haruna30