私たち人間は、うれしいことがあると気分が良くなるし

逆に嫌なことがあると気分が落ち込みます。

このような感情のコントロールがうまくできなくなり、

普段の生活がうまくいかなくなるのが気分障害です。

発病年齢は主に思春期以降であり、加齢とともに発症数が増えることが特徴的で

原因は発病しやすい遺伝的素質と

環境要因が複合していると考えられています。

①うつ状態

うつ状態では、抑うつ的で悲観感情が見られ、思考内容は自責的で他罰的です。

主な症状としては、活動性が低下し、食欲低下、体重減少、性欲減退が見られます。

全般的には朝方状態が悪く、夕方には改善するなど

症状が一日の時間帯で変化することもあります。

②躁状態

躁状態では感情は爽快で、精神的興奮が見られます。

楽天的な思考内容が見られ、活動性の亢進、多弁が特徴です。

睡眠時間が極端に短縮し、疲労を感じにくい状態がよく見られます。

睡眠が上手く取れないなどの症状が現れることもありますが

「短時間での睡眠で十分」解釈されることが多いとため、

自覚的訴えはあまり見られません。

 

カウンセラーは医師のように病名を診断したり

薬を処方することはできません。

気分障害は医療機関を受診した方がいいケースが多いです。