全般性不安症とは、不安が原因で引き起こされる症状です。

不安とは、漠然とした原因がはっきりしない対象への恐れのことを言います。

この不安は、誰でも感じる身近な感情ですが、

不安の中には現実的な危険とは無関係に沸き起こる不安や、

死の恐怖を感じるほど精神的負担の大きい不安もあります。

不安が原因で生じる身体症状としては

  • 胸が苦しくなる
  • 胸騒ぎや動悸が高まる
  • 呼吸困難
  • 手足のしびれ
  • 発汗
  • のぼせ
  • ふらつき

などが見られることがありますが、

何に対しても過度に心配し、将来への不安を抱くなど

慢性的な不安状態が見られることが特徴的です。

胃腸症状や震え、緊張だけでなく、睡眠が上手く取れず

体調不良を感じることもあります。

 

いったん不安になると、不安でおろおろしてしまい仕事も手につかず

最悪の状態に陥ることばかり考えてしまいます。

不安状態が酷くなると身体が小刻みに震えてくるなどの症状も現れ

この状態をもう一段超え、さらに不安が高まると、

心臓の鼓動が激しくなります。

そして、「このまま死ぬかもしれない・・・」

というレベルの恐怖感情に襲われ、

日常生活に支障が出てしまうほどの心理的負担がかかっています。

 

カウンセラーは医師とは違い病名を診断したり

投薬を行うことができません。

全般性不安症には医療機関を受診した方がいいケースが多いです