パニック症は、呼吸困難やめまい感、死の恐怖などを伴う

耐えられないような苦しみを訴えられます。

 

一回の発作は数分から30分、長くても1時間以内に自然に消失します。

この発作は、何の要因もなしに突然起こってくるのが特徴で

実際には疲労や心労が要因になることが少なくありません。

「死ぬかもしれない」といった死の恐怖を伴う強い不安を引き起こすため

パニック症の方は、絶えずいつ起こるかわからない発作におびえています。

これは非常に精神的な負担が大きい不安です。

 

カウンセラーは医師のように病名を診断したり

投薬治療を行うことはできません。

パニック症は医療機関を受診した方がいいケースが多いです。