平成27年12月から従業員数が50名以上の事業所で

ストレスチェックが義務付けられました。

事業所におけるメンタルヘルス対策が目的で

なにより年々増加する自殺者を減らすためでもあります。

実施できるのは医師や看護師、臨床心理士です。

社内に医師がいない場合は委託をすることになります。

 

仕事におけるメンタルヘルスを義務化するわけですから

深刻な問題だということがわかりますよね。

それと同時に、

自分だけが悩んでいるわけではないということも言えるんです。

悩みを抱えるということは決しておかしいことではありません。

 

ストレスが溜まっているとなると、発散法を見つけよう!

などとよく言いますが、

忙しいビジネスパーソンにとって

「発散法を見つける時間的余裕があったらこんなに悩みません!」

という話ですよね。

 

ストレスを発散するという発想から

向き合うという発想に変えてみませんか?

それだけでも心にゆとりが生まれてくるかもしれませんよ。